IFRS(読み)あいふぁーす(英語表記)IFRS、International Financial Reporting Standards

M&A用語集の解説

IFRS

IFRSとは、正式名称をInternational Financial Reporting Standards(国際財務報告基準)という。狭義では、IASB国際会計基準審議会)によって設定される会計基準のことをいうが、広義では、以下を含めて、総称として「IFRSs」という。1.IFRIC(IFRICが作成する解釈指針)2.IAS(国際会計基準。IASBの前身である国際会計基準委員会IASCが作成したもの)3.SIC(IFRICの前身であるSICが作成する解釈指針)IASCの設立は1973年。2001年にIASBに組織変更された後、IASBはその目標として「急速に統合する世界の資本市場に、共通の財務報告用語を提供する(to provide the world's rapidly integrating capital markets with a common language for financial reporting)」ことを掲げている。そして昨近、経済単位が国境を超えるグローバル化が急速に進展する中で、経済インフラとしての会計基準のグローバル化を求める声の強まりとともに、世界各国ではIFRSの採用を表明する国が急速に増加。現在、世界経済におけるIFRSの影響力は注目を浴びている状況にある。また、IFRSの呼び名としては、一般的に「アイファース」「イファース」「アイ・エフ・アール・エス」が用いられる。なお、文中の英文略称の正式名称は以下のとおり。IASB :International Accounting Standards BoardIFRIC:International Financial Reporting Interpretations CommitteeIASC :International Accounting Standards CommitteeIAS :International Accounting Standards

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

イファース【IFRS】[International Financial Reporting Standards]

International Financial Reporting Standards》⇒アイ‐エフ‐アール‐エス(IFRS)

アイ‐エフ‐アール‐エス【IFRS】[International Financial Reporting Standards]

International Financial Reporting Standards「アイファース」「イファース」とも》国際財務報告基準。財務諸表作成に関する国際的会計基準のこと。2001年に、IASC(国際会計基準委員会)を改組してIASB(国際会計基準審議会)となった際に、IAS(国際会計基準)を含む基準として設定されたもの。2005年からEU(欧州連合)域内の上場企業で導入が義務づけられ、欧州を中心に世界100か国以上で採用されている。
[補説]米国・日本の会計基準は会計処理に関する規則を詳細に定めているが、IFRSは原則のみ規定し、個別の処理や解釈は企業に委ねられる。また、日米では収益から費用を差し引いた純利益を重視するのに対し、IFRSでは資産から負債を差し引いた純資産の増減(包括利益)が重視されるなどの違いがある。日本では現在、国内企業は日本独自の会計基準を採用し、米国で上場する日本企業は米国会計基準を採用しているが、金融庁は、一定の要件を満たす企業について、平成22年(2010)3月期以降の決算からIFRSの適用を容認。全面適用の可否について企業会計審議会で検討が行われている(平成24年12月現在)。

アイファース【IFRS】[International Financial Reporting Standards]

International Financial Reporting Standards》⇒アイ‐エフ‐アール‐エス(IFRS)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android