コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IMO あいえむおー/IMO/いもInternational Maritime Organization

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エム‐オー【IMO】[International Maritime Organization]

International Maritime Organization》国際海事機関。船の航路・交通規則・港の施設などを国際的に統一するための審議などを行う国際連合の専門機関。本部はロンドン。

アイ‐エム‐オー【IMO】[International Mathematical Olympiad]

International Mathematical Olympiad国際数学オリンピック。優秀な数学者の育成を目的に毎年参加各国の持ち回りで行われている国際コンテスト。参加資格は大学入学以前の生徒で、国内の予選を経て数名のチームで参加。1959年開始。

アイ‐エム‐オー【IMO】[International Meteorological Organization]

International Meteorological Organization》国際気象機関。1873年創立。1950年にWMO世界気象機関)へと発展。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

IMO【アイエムオー】

International Maritime Organizationの略。国際海事機関。国連専門機関の一つ。第2次大戦中の海運に関する連合国の協力体制を基に1958年に設立された政府間海事協議機関が1982年改称。海上航行の安全性および海運技術の向上,タンカー事故などによる海洋汚染の防止,諸国間の差別措置の撤廃をめざす。本部ロンドン。加盟国は157ヵ国(1999)。日本は最初から加盟。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイエムオー【IMO】

国際海事機関International Maritime Organizationの略称。〈船の航路,海上交通規則,それに港の施設など海運に影響のある技術的側面の規制・慣行の国際的統一化〉と〈自由通商を確保するため政府による差別的措置・制限行為の除去〉を目的として,1958年に設置された国連の専門機関。設立時には,政府間海事協議機関Inter‐Governmental Maritime Consultative Organization(略称イムコIMCO)と呼ばれ,82年に現名に改称された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

IMO

〖in my opinion〗
私の意見では。ネットワーク上などでの略語として用いられる。

IMO

〖International Mathematical Olympiad〗
国際数学オリンピック。1959 年、第 1 回大会開催。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

IMOの関連キーワードInternational Meteorological Organizationフョードロフ(Evgeniy Konstantinovich Fyodorov)ショー(Sir William Napier Shaw)モーリー(Matthew Fontaine Maury)マルセリーノ ドス・サントス世界的な海上遭難安全システム人工衛星発射に必要な手続きシングルユーザーMIMOウィリアム・N. ショーIMO(国際気象機関)マルチユーザーMIMOティモールラウト諸島国際科学オリンピックバラスト水管理条約SUMIMOMUMIMOテポドン2号世界気象デー世界海事デーねじポンプ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IMOの関連情報