コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症 えむあーるえすえーたざいたいせいぶどうきゅうきんかんせんしょう

1件 の用語解説(MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えむあーるえすえーたざいたいせいぶどうきゅうきんかんせんしょう【MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症】

 MRSAとは、メチシリン耐性黄色(おうしょく)ブドウ球菌を表わす英語の頭文字をとった略称です。メチシリンという抗生物質に耐性の(効かない)黄色ブドウ球菌には、ほかの多くの抗生物質も効きません。したがって、MRSAは多剤耐性ブドウ球菌と同義語で、感染をおこすと、その病気の治療がむずかしくなります。
 MRSAは、健康な人の皮膚や鼻腔(びくう)にいますが、病原性は低く、ふつうは病気をおこすことはありません。
 ところが、未熟児、高齢者、手術を受けた人、抗菌薬を長期間使用中の人などは、MRSAの感染を受けやすく、肺炎・消化管感染症・膿胸(のうきょう)・敗血症(はいけつしょう)・褥瘡(じょくそう)(とこずれ)感染などをおこします。MRSAに単独で有効な抗菌薬は、塩酸バンコマイシンと硫酸アルベカシン(ハベカシン)です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症の関連キーワード抗菌薬メチルオレンジMRSAメチシリン耐性黄色ブドウ球菌バンコマイシン耐性腸球菌豆知識メチシリン耐性黄色葡萄球菌結節性黄色腫VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone