P波(読み)ピーハ

  • P波 Pwave

百科事典マイペディアの解説

地震波の一種。媒質内を四方に伝搬する弾性波のうち縦波(疎密波)をさす。地震計に最初に到達する波で,Pはprimaryの意。伝搬速度は地殻上層で毎秒約8km程度。→S波
→関連項目発震機構

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

地震波の初動をなす縦波。震源からある程度離れた地点では,最初がたがたと上下方向に振動し,にゆさゆさと水平方向に大きく揺れる。前者がP波,後者がS波である。P波は縦波で,波の伝わる方向に振動し,伸び縮み(体積変化)を伝える。最初の波(primary wave)として地震計に記録されるためP波と呼ばれる。正確な震源位置の決定には各観測所におけるP波の到達時刻が必要である。地震波【島崎 邦彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弾性体内部を伝わる実体波の一種。P波により媒質はP波の伝播(でんぱ)方向と平行な方向に振動する(このことから縦波ともよばれる)。P波は媒質に体積変化を伴う変形をおこし、膨張や圧縮の状態を伝える性質をもつので、疎密波とよばれることもある。地殻内部でのP波の伝播速度は毎秒当り6~7キロメートルくらいと考えられている。

[山下輝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Pはprimary の略) 地震波の一つ。地震の時、最初に到達する波。媒質の体積変化が伝わる疎密波で振動方向は波の進行方向と同一。速度は毎秒数キロメートル。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のP波の言及

【S波】より

…震源からある程度離れた地点では,最初ガタガタと上下方向に振動し,次にユサユサと水平方向に大きく揺れる。前者がP波,後者がS波である。S波は横波で,波の伝わる方向と垂直に振動し,ねじれを伝える。…

【地震波】より

…震源よりある程度離れた地点では,最初に〈がたがた〉と小さく上下方向に揺れたのち,〈ゆさゆさ〉と水平方向に大きく揺れ,その後〈ゆらゆら〉と小さくなりながら振動が続く。最初の〈がたがた〉がP波,次の〈ゆさゆさ〉がS波,これに続くのが表面波である(図1)。P波は縦波で,波の伝わる方向に振動し,伸び縮み(体積変化)を伝える。…

※「P波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

P波の関連情報