コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PPP ぴーぴーぴー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PPP(通信)
ぴーぴーぴー

離れた場所にあるコンピュータどうしを電話回線を使って接続し、情報のやりとりを行うための通信の規約。ポイント・トゥ・ポイント・プロトコルpoint-to-point protocolの略称。1992年に最初の仕様が策定された後、1994年にIETFによってRFC1661として標準化された仕様が広く使われている。コンピュータとプロバイダのサーバを接続し、インターネットにつなぐ際に利用される。
 PPPは接続方法の違いからおもに2種類のプロトコルが使われている。
(1)ダイヤルアップPPP 電話やISDNなどの公衆回線を利用するために発信や着信ができる機能を追加したプロトコル。インターネットを利用したいときだけプロバイダに発信して接続し、使い終わると切断する。
(2)PPPoE(ピーピーピーオーイー)(PPP over Ethernet) 光ファイバーやADSLなどのデータ通信専用の回線が使用されている際の接続で、PPPを常時接続に対応させたプロトコル。PPPoEはイーサネットでPPPの機能を利用できるようにしたもので、MAC(マック)アドレス(イーサネット用のネットワークカード固有のID番号)を使用してネットワーク上の機器を識別し、データをやりとりする。LAN(ラン)につながれたコンピュータからインターネットへ接続する場合に認証による機器の識別や、グローバルIPアドレスを割り当てるなど、安定した接続が可能となる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PPPの関連情報