コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『人形の家』 ニンギョウノイエ

1件 の用語解説(『人形の家』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『人形の家』

ノルウェーの作家イプセンの戯曲(一八七九)。女主人公ノラは、「私は人形ではない。一個の人間として生きるべきだ」といって夫と子を捨てて家出し、“新しい女”の代名詞となった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『人形の家』の関連キーワードイプセンウェーベルン人形の家野鴨ノルウェー語ビョルンソンノルウェー・クローネ原千代海デール・グッドブランダール種 (Døle, Døle-Gudbrandsdal, Dølehest )ヘリーハンセン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『人形の家』の関連情報