コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いて(射手)座 いてざ

1件 の用語解説(いて(射手)座の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

いて(射手)座【いてざ】

9月上旬の夕方,南の地平線近く見える星座。銀河系の中心方向に当たり,星団や星雲が多く存在する。黄道十二宮の第9宮。6個の星が描くひしゃく形を南斗六星という。ギリシア神話の半人半馬ケイロンが矢をつがえた姿という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

いて(射手)座の関連キーワードケンタウルス座ヘルクレス座狼座画架座彫刻具座鶴座時計座艫座望遠鏡座鳳凰座

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone