コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おうし(牡牛)座 おうしざ

1件 の用語解説(おうし(牡牛)座の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

おうし(牡牛)座【おうしざ】

1月下旬の夕方,南の中天高く見える星座。α星はアルデバランプレヤデス星団ヒヤデス星団かに星雲などを含む。十二宮中の第2宮。ギリシア神話ゼウスエウロペを誘拐(ゆうかい)するとき姿を変えた雄牛を象徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

おうし(牡牛)座の関連キーワードケフェウス座獅子座ヘルクレス座旗魚座髪座鶴座天秤座双子座水瓶座南の冠座

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone