コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おうし(牡牛)座 おうしざ

百科事典マイペディアの解説

おうし(牡牛)座【おうしざ】

1月下旬の夕方,南の中天高く見える星座。α星アルデバランプレヤデス星団ヒヤデス星団かに星雲などを含む。十二宮中の第2宮。ギリシア神話ゼウスエウロペを誘拐(ゆうかい)するとき姿を変えた雄牛を象徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android