コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざる(笊) ざる

世界大百科事典 第2版の解説

ざる【ざる(笊)】

細く薄く割った竹で編んだ容器。籠との区別は明確でないが,ざるは浅い円形で編目がややあらく,調理に用いるものが多い。水が漏れるところから,むだの多いことのたとえに〈ざるに水〉,へたな碁を〈ざる碁〉などという。10世紀の《和名抄》は笊籬(そうり)の字をあてて〈むぎすくい〉と読み,麦索(むぎなわ)を煮る籠としているが,15世紀の《下学集》は笊籬を〈いかき〉と読み,味噌漉(みそこし)としている。いまでも京阪では〈いかき〉,東京では〈ざる〉と呼ぶが,語源については〈いかき〉は〈湯かけ〉から,〈ざる〉は〈そうり〉から転じたなどとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のざる(笊)の言及

【籠】より

… 籠のおもな特徴は,入れ物として,焼物や木箱にくらべて著しく軽く,袋ほど自在ではないが弾力に富み,形としては丸み,ふくらみをもち,そして編目が粗く透けているため通気性に富み,内容物が見やすいことなどである。したがって似ている入れ物に(ざる)があるが,笊の場合は平織方式で編目がつんでいるうえ,概して浅いものが多いので区別することができる。
[歴史]
 人類が籠を編み始めたのは旧石器時代にさかのぼる。…

【箕】より

…製作や補修には特別の技術を要するため,〈箕作り〉や〈箕直し〉と呼ばれる特別な人々が村々を訪れて注文に応じていた。箕はインド,中国,朝鮮などアジア大陸部から日本まで見られるが,奄美や沖縄地方にはなく,代りにサンバラなどと呼ばれる円形の底の浅いざるが使用されている。この円形のざるはインドネシア,台湾など東南アジア島嶼(とうしよ)部から九州南部まで分布し,箕と同じ機能を果たしている。…

※「ざる(笊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ざる(笊)の関連キーワード椀掛け

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android