コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

せ[五十音]

五十音図サ行の第4音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[e]とから成る音節。[se]
平仮名「せ」は「世」の行書体から。片仮名「セ」も「世」の行書体からの変形。
[補説]「せ」は古く[tse](あるいは[ʃe][tʃe])であったかともいわれる。室町時代末には[ʃe]であったが、東国語では[se]と発音され、近世以降次第に[se]と発音されるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図サ行第四段の仮名。歯茎摩擦音の無声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「せ」は「世」の行書体。片仮名「セ」も「世」の行書体からの変形。もしくは「世」の異体字「㔺」の末二画か。

( 助動 )
尊敬の助動詞「す」の已然形・命令形。 → す(助動)
使役・尊敬の助動詞「す」の未然形・連用形。 → す(助動)
過去の助動詞「き」の未然形。常に接続助詞「ば」の付いた「せば」の形で用いられる。 → き(助動)せば(連語)

( 助動 )
尊敬の助動詞「しゃる」の命令形「しゃれ」が「しゃい」「せえ」を経て「せ」となったもの。「っせ」の形で用いられる近世江戸語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第3行第4段の仮名。平仮名の「せ」も、片仮名の「セ」も、ともに「世」の草体からできたものと考えられる。万葉仮名では「世、西、勢、齊、施(以上音仮名)、、迫、狹、瀬(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「是、筮、噬(以上音仮名)、湍(訓仮名)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(世)」「(瀬)」「(勢)」などがある。
 音韻的には/se/(濁音/ze/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声摩擦音[s](有声破擦音[dz])を子音にもつ。室町時代末ころは[e]([e])であったらしく、今日でも九州、中国、北陸などには、この発音が残っている。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

せの関連キーワードグラファイト西ヨーロッパバイオプシーバプテスマ迫り下ろし食べ合わせ松浦静山瀬田唐橋迫り込み糶糴売買命令形長谷寺現在生行書体山海経助動詞火口瀬未然形旋頭歌現在世

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せの関連情報