コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てて テテ

デジタル大辞泉の解説

てて[格助・接助]

[格助]《格助詞「とて」の音変化》名詞、文の終止した形に付く。引用を表す。…といって。
「何やら目出(めで)たい祝ひぢゃ―、大きな重箱に目へ入る様な餅七つ」〈浄・手習鑑
[接助]《接続助詞「とて」の音変化》助動詞「じゃ」「た」の終止形に付く。…といっても。…としても。
「いかやうに言ひやった―言ひ負けて居ませうかいの」〈伎・浅間嶽
[補説]近世、特に前期の上方で用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てて

( 接助 )
〔「といって」の意の「とて」の転。近世語〕
活用語の言い切りの形に付く。
理由の意を表す。…というので。 「何やら目出たい祝ひぢや-、大きな重箱に眼へはひるやうな餅七つ/浄瑠璃・菅原」
逆接の意を表す。…であっても。 「誰ぢや-傾城に成りたうて成る者は一人もない/歌舞伎・傾城江戸桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てての関連キーワード押し当てる・押当てるかなぐり捨てる目をそばだてる攪てる・撹てる後家を立てる目口を立てる秩序立てる埋め立てる人を立てるぴよだまり世を捨てる声を立てる順序立てる磨き立てる逆さ海月腹立てる接続助詞説分ける取立てる音に立つ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てての関連情報