とやま未来遺産(読み)とやまみらいいさん

事典 日本の地域遺産の解説

とやま未来遺産

「とやま未来遺産」は、自分の住んでいる地域を見つめ直し、魅力ある地域資源を再発見・発掘してもらうという観点から、候補となる地域資源を2次にわたる県民公募で募集し、その中から「とやま未来遺産選定委員会」で審査・選定したもの。これらの“地域たからもの”を再発見し、保存・継承していくための活動を支援することにより、地域の魅力を引き出し、地域全体の活性化につなげていこうとする取組みである。2007(平成19)年の第1次で13件、2008(平成20)年の第2次で6件、計19件が選定されている。
[選定機関] 富山県
[選定時期] 2007(平成19)年~2008(平成20)年
[登録・認定名] 飛越地震(安政の大地震)の記憶を留める常願寺川大転石群 | カイニョのある暮らしと景観、となみの散居村 | いたち川―四季の暮らしに生きる“どんどこ”のある川 | 歴史といやしの水辺空間、富岩運河 | 住む人の声が飛び交う内川と橋 | 鴨川―サケを呼び戻すまちなかの川 | 体験でつなぐ都市との交流、氷見長坂の棚田 | 地域が守り育てる生地の名水 | 北前船交易が育んだまち、岩瀬 | おわらが息づく坂のまち、八尾 | まちにとけ込むノミの痕、木彫刻の井波 | 北海の味、とやまの昆布料理 | いのちを繋ぐ富山のくすり、産業から観光へ | 近代を語り、未来をになう、路面電車王国とやま | 伝え広げる海との共生、伝統ある富山の定置網 | 地域で守る幸せの使者、田尻池のオオハクチョウ | 地球の音楽が地域を育む、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド | 布施の水海(ふせのみずうみ)の名残をとどめる水生生物、イタセンパラとオニバス | 詩情あふれる歴史ロマンと自然の宝庫、二上山

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android