コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のに ノニ

デジタル大辞泉の解説

のに[接助・終助]

[接助]《準体助詞「の」+接続助詞「に」から》活用語の連体形に付く。内容的に対立する二つの事柄を、意外・不服の気持ちを込めてつなげる意を表す。「東京は晴れなのに大阪は雨だ」「十分言い聞かせたのに理解していない」「九月だというのに真夏の暑さだ」
「それはまあ、よく忙しい―、気をつけておくれだ」〈人・娘節用・後〉
[終助]の文末用法から》活用語の連体形に付く。不平・不満・恨み・非難などの気持ちを表す。「これで幸せになれると思ったのに」「いいかげんにすればいいのに
「あれほど待って居てくんなといふ―」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]近世以降用いられ、近代になって多用されはじめた。他の逆接の助詞「けれども」「が」などに比べると逆接の意が強い。

の‐に[連語]

[連語]《準体助詞「の」+格助詞「に」》
…時に。…場合に。「地震が来るのに備えておこう」
…のものとして。「儀式用のには不適当だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のに

〔接続助詞「に」の前に準体助詞「の」が挿入されてできたもの。近世以降の語〕活用語の連体形に接続する。形容動詞型活用の場合、終止形に接続することもある。
( 接助 )
既定の逆接条件を表す。意味内容の対立する二つの事柄を、意外・不服の気持ちをこめてつなぐ。 「昔は静かだった-、今は自動車の洪水だ」 「一生懸命勉強した-、だれもほめてくれない」 「もうすっかり丈夫な(だ)-、旅行を許してくれない」 また、「というのに」「いいのに」の形で慣用的に用いられることもある。 「正月だという-、晴れ着も作れない」 「よせばいい-、無理するからよ」
逆接的な意味がほとんどなく、ただ二つの事柄をつらねて言い表す場合に用いられることもある。 「併しお前は上品だ-肌目が細かいから、汗なんぞをおかきではないね/人情本・英対暖語」
( 終助 )
における、前件に対する後件が省略されたもの〕
意外な結果に対する、恨み・不服の気持ちを表す。 「欲しいと言えば、買ってあげた-」 「ああ、せっかく学校が休みな-なあ」
相手の非を責め、なじる気持ちを表す。 「知りませんって言えばいい-」 「以前からのお知り合いでいらっしゃった-ねえ」

のに

( 連語 )
〔準体助詞「の」に格助詞「に」が付いたもの〕
…のものとして。 「衣装などもこういう折-ふさわしいものではなかった」
…である場合に。…している際に。 「この暑い-、よく上着など着ていられるものだ」 「この雪の降る-、ずっと歩いて来たんですって」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のにの関連キーワード何が何して何とやら頼む木の下に雨漏る毒を以て毒を制す買い時・買時金が物を言う機が熟する思い掛けず結婚適齢期皮膚瘙痒症それなのに地謡武士禄を盗む接続助詞年取り物嫁入り時気が重い名を盗む伊達眼鏡独り自慢喜養麺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のにの関連情報