コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のに ノニ

4件 の用語解説(のにの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のに[接助・終助]

[接助]《準体助詞「の」+接続助詞「に」から》活用語の連体形に付く。内容的に対立する二つの事柄を、意外・不服の気持ちを込めてつなげる意を表す。「東京は晴れなのに大阪は雨だ」「十分言い聞かせたのに理解していない」「九月だというのに真夏の暑さだ」
「それはまあ、よく忙しい―、気をつけておくれだ」〈人・娘節用・後〉
[終助]の文末用法から》活用語の連体形に付く。不平・不満・恨み・非難などの気持ちを表す。「これで幸せになれると思ったのに」「いいかげんにすればいいのに
「あれほど待って居てくんなといふ―」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]近世以降用いられ、近代になって多用されはじめた。他の逆接の助詞「けれども」「が」などに比べると逆接の意が強い。

の‐に[連語]

[連語]《準体助詞「の」+格助詞「に」》
…時に。…場合に。「地震が来るのに備えておこう」
…のものとして。「儀式用のには不適当だ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のに

〔接続助詞「に」の前に準体助詞「の」が挿入されてできたもの。近世以降の語〕活用語の連体形に接続する。形容動詞型活用の場合、終止形に接続することもある。
( 接助 )
既定の逆接条件を表す。意味内容の対立する二つの事柄を、意外・不服の気持ちをこめてつなぐ。 「昔は静かだった-、今は自動車の洪水だ」 「一生懸命勉強した-、だれもほめてくれない」 「もうすっかり丈夫な(だ)-、旅行を許してくれない」 また、「というのに」「いいのに」の形で慣用的に用いられることもある。 「正月だという-、晴れ着も作れない」 「よせばいい-、無理するからよ」
逆接的な意味がほとんどなく、ただ二つの事柄をつらねて言い表す場合に用いられることもある。 「併しお前は上品だ-肌目が細かいから、汗なんぞをおかきではないね/人情本・英対暖語」
( 終助 )
における、前件に対する後件が省略されたもの〕
意外な結果に対する、恨み・不服の気持ちを表す。 「欲しいと言えば、買ってあげた-」 「ああ、せっかく学校が休みな-なあ」
相手の非を責め、なじる気持ちを表す。 「知りませんって言えばいい-」 「以前からのお知り合いでいらっしゃった-ねえ」

のに

( 連語 )
〔準体助詞「の」に格助詞「に」が付いたもの〕
…のものとして。 「衣装などもこういう折-ふさわしいものではなかった」
…である場合に。…している際に。 「この暑い-、よく上着など着ていられるものだ」 「この雪の降る-、ずっと歩いて来たんですって」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のにの関連キーワード言わでも格助詞からとてしてみれば準体助詞接続助詞てからてなに於きて並立助詞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

のにの関連情報