コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインスタイニウム einsteinium

翻訳|einsteinium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アインスタイニウム
einsteinium

元素記号 Es,原子番号 99。周期表3族,アクチノイド人工放射性元素で,超ウラン元素の1つ。質量数 252,254などの同位体が知られている。 1952年 11月,ロスアラモスの熱核爆発の際,S.G.トンプソン,B.G.ハーベイ,F.ギオルソ,G.R.ショパンにより発見され,A.アインシュタインを記念してアインスタイニウムと命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アインスタイニウム

元素記号はEs。原子番号99。超ウラン元素に属する人工元素の一つ。1952年太平洋で行われた熱核爆発実験の生成物からシーボーグらが発見,物理学者アインシュタインにちなんで命名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アインスタイニウム【einsteinium】

周期表元素記号=Es 原子番号=99電子配置=[Rn]5f106d17s2 おもな酸化数=III超ウラン元素に属する人工元素の一つ。知られている同位体は質量数243から256までの14種で,そのうち半減期の最も長いものは254Es(276日)。1952年アメリカのギオーソAlbert Ghiorso,シーボーグGlenn Theodore Seaborgらが,太平洋で行われた熱核爆発実験で得られた破片から253Es(α崩壊,半減期20.47日)を見いだし(ウランの多段階の中性子捕獲と,いくつかのβ崩壊によって生成する),99番元素であることを確かめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アインスタイニウム【einsteinium】

アクチノイドの一。元素記号 Es  原子番号99。同位体はすべて放射性。1952年の熱核爆発実験の放射性塵の中に発見された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アインスタイニウム
あいんすたいにうむ
einsteinium

アクチノイドの11番目に位置する超ウラン元素の一つ。原子番号99、元素記号Es。科学者アインシュタインを記念して命名された。
 1952年太平洋でのアメリカによる水爆実験の生成物からフェルミウムとともに発見されたが、軍事機密として公表されず、1954年に至って原子炉内で人工合成された事実が報告された。ウラン、ネプツニウム、プルトニウムなどの原子核に中性子、α(アルファ)粒子、重陽子、炭素あるいは窒素などの原子核を作用させて多くの同位体がつくられているが、いずれも短寿命の放射性同位体で、質量数252のものがもっとも長い半減期472日をもつ。+が安定であり、酸化物、ハロゲン化物、有機酸塩が得られている。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アインスタイニウムの関連キーワードアインスタイニウム(データノート)原子量一覧/元素名順メンデレビウムフェルミウム放射性元素ES

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android