アウトロー

デジタル大辞泉プラス「アウトロー」の解説

アウトロー

1976年製作のアメリカ映画。原題《The Outlaw Josey Wales》。クリント・イーストウッド監督主演のアメリカ南北戦争を舞台にした復讐劇共演:ソンドラ・ロック、チーフ・ダン・ジョージ、ジョン・バーノンほか。

アウトロー

2012年製作のアメリカ映画。原題《Jack Reacher》。監督:クリストファー・マッカリー、出演トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンスほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アウトロー」の解説

アウトロー
outlaw

法律上の恩典と保護を奪われた者,法益剥奪を受けた者をいうが,法律のみならず,社会慣習から追放された者をも含む。みずからを主観的にアウトローとして認識し,ふるまおうとする傾向の者もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アウトロー」の解説

アウトロー

〘名〙 (outlaw) 無法者。無頼漢。社会ののけもの。
※善良な罪人(1951)〈山本健吉〉「世の良識からはみ出した、いわばアウト・ロウの文学の極端な場合とも思えるのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アウトロー」の解説

アウトロー(outlaw)

法の保護や秩序の外にある者。無法者。
[類語]与太者ならず者地回りやくざ暴力団無頼漢無法者ごろつきごろちんぴら不良番長硬派暴走族走り屋愚連隊極道ヤンキー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアウトローの言及

【世間話】より

… ところで,これとは別に特定の地域ごとに,かつてその土地に実在したと伝えられる人物について述べられる例があった。女の大力や驚くべき脚力の持主であった怪盗,名代の怠け者,人の意表に出ては思いがけない奇行の数々を残した人物,狡猾者,頓智頓才の小男,ほら吹き等々,今にしていえば,こうした人々にはいったいにアウトローとしての性格が著しいようである。過去の平穏な村内にあってはいずれも特異な話題の持主であった。…

※「アウトロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android