コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚連隊 グレンタイ

3件 の用語解説(愚連隊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐれん‐たい【愚連隊】

《「ぐれる」から生じた語。「愚連」は当て字盛り場などをうろつき、暴行・ゆすり・たかりなどの不法行為を働く不良の仲間。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐれんたい【愚連隊】

〔「ぐれる」から出た語。「愚連」は当て字〕
定職がなく、繁華街などをうろつき、暴行やゆすりなどをする不良の集まり。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愚連隊
ぐれんたい

繁華街などで暴力的な行為を常習とする青少年の不良団。「ぐれる」、すなわち、わき道にそれるということばから出て、「ぐれる隊」が「ぐれん隊」となり「愚連」という当て字が使われてきたといわれる。その仲間では、自分たちは「愚かな連れの者」だから愚連隊だと自嘲(じちょう)的にいったりすることもある。明治期の学生不良団のなかには、1905年(明治38)から09年にかけて東京・芝に愚連隊と名のる集団があった。大正初期の1910年代には、神田から浅草にかけての盗児団に愚連組というのがあった。昭和初期には、浅草公園を中心とした浮浪青少年団をよんでいた。
 この用語は、第二次世界大戦前は、ごく一部に使われていたにすぎず、広く一般に使われるようになったのは1950年(昭和25)前後からで、博徒(ばくと)、的屋(てきや)と並んで暴力団の一種として分類されるようになった。博徒や的屋と異なり、賭場(とば)や露商地域もなく、臨時編成的で組織性が弱く、その人間関係は親分・子分の結び付きではなく、兄貴・舎弟の兄弟分関係が軸となっているのが特色である。戦前は青少年のみの集団をさしたが、戦後は相当に年齢の高い専門暴力団をも愚連隊と称するようになった。東京都が1962年(昭和37)11月に施行した「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条令」は「愚連隊防止条令」と俗称されたが、これはダフ屋、景品買い、粗暴行為などの小暴力の取締りを目的としたもので、他の府県でも同様の条令が制定された。[岩井弘融]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚連隊の関連キーワード申子転成語結びの神若し夫れ夕間暮れ両儀這箇成星萌蘖瘻管 (fistulous tract)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愚連隊の関連情報