コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚連隊 グレンタイ

デジタル大辞泉の解説

ぐれん‐たい【愚連隊】

《「ぐれる」から生じた語。「愚連」は当て字盛り場などをうろつき、暴行・ゆすり・たかりなどの不法行為を働く不良の仲間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐれんたい【愚連隊】

〔「ぐれる」から出た語。「愚連」は当て字〕
定職がなく、繁華街などをうろつき、暴行やゆすりなどをする不良の集まり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愚連隊
ぐれんたい

繁華街などで暴力的な行為を常習とする青少年の不良団。「ぐれる」、すなわち、わき道にそれるということばから出て、「ぐれる隊」が「ぐれん隊」となり「愚連」という当て字が使われてきたといわれる。その仲間では、自分たちは「愚かな連れの者」だから愚連隊だと自嘲(じちょう)的にいったりすることもある。明治期の学生不良団のなかには、1905年(明治38)から09年にかけて東京・芝に愚連隊と名のる集団があった。大正初期の1910年代には、神田から浅草にかけての盗児団に愚連組というのがあった。昭和初期には、浅草公園を中心とした浮浪青少年団をよんでいた。
 この用語は、第二次世界大戦前は、ごく一部に使われていたにすぎず、広く一般に使われるようになったのは1950年(昭和25)前後からで、博徒(ばくと)、的屋(てきや)と並んで暴力団の一種として分類されるようになった。博徒や的屋と異なり、賭場(とば)や露商地域もなく、臨時編成的で組織性が弱く、その人間関係は親分・子分の結び付きではなく、兄貴・舎弟の兄弟分関係が軸となっているのが特色である。戦前は青少年のみの集団をさしたが、戦後は相当に年齢の高い専門暴力団をも愚連隊と称するようになった。東京都が1962年(昭和37)11月に施行した「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条令」は「愚連隊防止条令」と俗称されたが、これはダフ屋、景品買い、粗暴行為などの小暴力の取締りを目的としたもので、他の府県でも同様の条令が制定された。[岩井弘融]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

愚連隊の関連キーワード岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇サミー(Jr.) デービス岸和田少年愚連隊 望郷バーバラ ラッシュ中田カウス・ボタン辻イト子・まがるひよしなかよしグラシアス小林愚連隊防止条例雨上がり決死隊独立愚連隊西へ暴力団と露天商八王子愚連隊はりけ~んず堺 左千夫中田ボタン川本美由紀鴨川てんしテンダラー独立愚連隊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚連隊の関連情報