コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカギ(赤木) アカギ Bischofia javanica

2件 の用語解説(アカギ(赤木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカギ(赤木)
アカギ
Bischofia javanica

トウダイグサ科の大型高木で,アジア熱帯原産。高さ 20~25mに達する。葉は互生し,長い柄があって3小葉をもつ複葉。各小葉は長さ8~15cmの卵状楕円形で縁に細かい鋸歯が目立つ。春,葉腋から総状または円錐状の花序を出し,多数の緑黄色の小花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アカギ【アカギ(赤木) Bischofia javanica Bl.】

インド,東南アジア,中国,沖縄の熱帯から亜熱帯に分布するトウダイグサ科の半落葉高木(イラスト)。1属1種。直径1m,高さ30mに達する。大きな3出葉を互生し,葉柄や主脈は赤みを帯びる。花期は春。雌雄異株で,葉腋(ようえき)に淡黄色の小さな無弁の花が円錐花序をなしてつく。果実は球形で直径1~1.5cm,渋味があるが食べられる。また若葉も食べられる。材はビショップウッドBishop woodと商業上は呼ばれ,暗赤色の心材は堅くて重く,また湿気に強いので,家具や楽器などの美術材として,紫檀の代りに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカギ(赤木)の関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構南海貿易アジア象東洋音楽南アジア南アジア語族アジア風邪東南アジア学会中国の対東南アジア戦略

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone