コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキテーヌ盆地 アキテーヌぼんち Aquitaine

3件 の用語解説(アキテーヌ盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキテーヌ盆地
アキテーヌぼんち
Aquitaine

フランス南西部の大沖積盆地。南西部を占めるアドゥール川流域を除けば,フランス四大河川の一つガロンヌ川の集水域が大部分を占める。南はピレネー山脈,北東はマシフサントラル (中央山地) に限られ,西は大西洋にのぞむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アキテーヌぼんち【アキテーヌ盆地 Bassin d’Aquitaine】

フランス南西部の大盆地。ほぼ三角形の平面形をなす。西はビスケー湾に面し,東をマシフ・サントラルのゆるやかな山地,南をピレネー山脈で限られ,北は300m以下の低い丘陵でロアール川の低地と境される。地形的には丘陵や低地からなる広大な平野であり,地質的には周囲を中生層で囲まれ,内部を固結度の低い第三系,第四系の砂質~礫質堆積物でうめられた堆積盆地をなす。中央部をガロンヌ川が北西に流れ,マシフ・サントラルからドルドーニュ川などの多くの支流が丘陵を開析しながら合流している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキテーヌ盆地
あきてーぬぼんち
Bassin Aquitain英語
Bassin d'Aquitaineフランス語

フランス南西部を占める平野。北はアルモリカン山地、東はマッシフ・サントラル(中央群山)、南はピレネー山脈、西は大西洋の間に位置し、面積約8万平方キロメートルに及ぶ広大な地域。名称は、アウグストゥス帝が定めたローマ帝国の属州で、ラテン語で「水の地方」を意味するアクィタニアAquitaniaに由来する。地形は第三紀層の丘陵や平地が主で、ランド地方とよばれる海岸部は砂丘と潟湖(せきこ)が連なる。北部のシャラント川、南西部のアドゥール川流域を除き、大部分がガロンヌ川の流域で、ブドウや小麦を産する豊かな農業地帯となっている。温暖な西岸海洋性気候に恵まれ、冬の避寒地、夏の避暑地も多い。大きな都市としてはボルドーとトゥールーズが含まれる。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキテーヌ盆地の関連キーワード角錐ガロンヌ川垂心内心外心四面体直三角形夏の大三角冬の大三角ペトリュス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone