アクアマリン(英語表記)aquamarine

翻訳|aquamarine

デジタル大辞泉 「アクアマリン」の意味・読み・例文・類語

アクアマリン(aquamarine)

緑柱石うち、青緑色で透明なもの。宝石にする。藍玉。また、その色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「アクアマリン」の意味・読み・例文・類語

アクアマリン

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] aquamarine ラテン語で「水(aqua)、海の(marinus)」の意から )
  2. 宝石の一つ。緑柱石の一種で、三月の誕生石。「勇気」を意味する。
    1. [初出の実例]「彼女の宝石箱には、〈略〉無数の宝石が納められていた。ダイヤモンド、〈略〉アクワマリン、トパーズ」(出典:水と宝石(1959)〈有吉佐和子〉)
  3. 青緑色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「アクアマリン」の意味・わかりやすい解説

アクアマリン
aquamarine

ベリル緑柱石)Be3Al2(SiO36のうち,海水青色のものをいう。aquaは水,mareは海の意である。エメラルドも同じベリルの仲間で,共に貴重な宝石であるが,エメラルドはインクルージョン(内包される異物)の皆無の石はきわめてまれなのに対し,アクアマリンは透明清澄な大きな結晶で産出されるので比較的安価である。1910年には110.5kgのものが採掘された。アクアマリンは沈着勇敢,聡明を象徴し,3月の誕生石となっている。またその色から海の精の宝物とも考えられ,順調な航海を祈る船乗りマスコットの石でもある。アクアマリンの色は微量鉄分によるが,その緑色みをとばして美しい海水青色にするため,ほとんどの場合に熱処理(450~500℃,1時間程度)が行われる。得られた青色は安定性と耐久性があり,天然石としての価値に影響はない。ブラジルが主産地で,マダガスカルインドナミビア,スリランカ,ジンバブウェでも産出する。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「アクアマリン」の意味・わかりやすい解説

アクアマリン

緑柱石(ベリル)のうち透明でスカイブルー色調のものの宝石名。エメラルドより低価格市販多くは緑色〜黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。ブラジル,ナミビア,インドなどから産出。ブラッドストーン(血石)とともに3月の誕生石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のアクアマリンの言及

【ベリル】より

…なお,鉱物としてのベリルは〈緑柱石〉の項を参照されたい。ベリルには,エメラルドアクアマリン,モルガナイト,ヘリオドール,イェロー・ベリル,ゴッシェナイトがおもな宝石としてある。緑色のエメラルドと海水青色のアクアマリンはとくに珍重される。…

※「アクアマリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android