アクアマリン(英語表記)aquamarine

翻訳|aquamarine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクアマリン
aquamarine

緑柱石のうち,薄い青緑色の色調で透明なものの宝石名。屈巨晶花崗岩中にエメラルドよりも大型で,より透明な六方柱状結晶として産出するのでエメラルドよりはるかに低価格。ブラジルが主産地で,ウラル,マダガスカル,スリランカ,インドなどにも産する。加熱すると光沢を増し,300~450℃で緑色が青色に変化する。夜光性がある点でエメラルドより珍重されることもある。3月の誕生石

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクアマリン【aquamarine】

ベリル(緑柱石)Be3Al2(SiO3)6のうち,海水青色のものをいう。aquaは水,mareは海の意である。エメラルドも同じベリルの仲間で,共に貴重な宝石であるが,エメラルドはインクルージョン(内包される異物)の皆無の石はきわめてまれなのに対し,アクアマリンは透明清澄な大きな結晶で産出されるので比較的安価である。1910年には110.5kgのものが採掘された。アクアマリンは沈着,勇敢,聡明を象徴し,3月の誕生石となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アクアマリン【aquamarine】

緑柱石のうち、藍緑あいりよく色透明のもの。美しいものは磨いて飾り石にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクアマリン
あくあまりん
aquamarine

緑柱石のうち、海青色で透明なものをさす宝石名。エメラルドに比べて無傷で包有物が少なく、また大形の結晶が産するため希少価値は乏しい。六角柱状の結晶として、おもに花崗(かこう)岩質ペグマタイト中に産する。おもな産地は、ブラジル、ロシアのウラル地方、ナミビア、マダガスカル島などで、日本では岐阜県中津川市苗木地方、茨城県桜川(さくらがわ)市山ノ尾、滋賀県大津市田ノ上山などで少量産したにすぎない。なお、緑色ないし黄色の緑柱石を加熱処理してアクアマリンに変えることができる。名称はその特徴的な色から、海水を意味するラテン語に由来する。3月の誕生石。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アクアマリン

〘名〙 (aquamarine ラテン語で「水(aqua)、海の(marinus)」の意から)
① 宝石の一つ。緑柱石の一種で、三月の誕生石。「勇気」を意味する。
※水と宝石(1959)〈有吉佐和子〉「彼女の宝石箱には、〈〉無数の宝石が納められていた。ダイヤモンド、〈略〉アクワマリン、トパーズ
② 青緑色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアクアマリンの言及

【ベリル】より

…なお,鉱物としてのベリルは〈緑柱石〉の項を参照されたい。ベリルには,エメラルドアクアマリン,モルガナイト,ヘリオドール,イェロー・ベリル,ゴッシェナイトがおもな宝石としてある。緑色のエメラルドと海水青色のアクアマリンはとくに珍重される。…

※「アクアマリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクアマリンの関連情報