コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクリルアミド アクリルアミド acrylic amide

4件 の用語解説(アクリルアミドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アクリル‐アミド(acrylic amide)

アクリロニトリル加水分解などによって得られる無色の結晶。重合体は接着剤・塗料・合成繊維に用いる。発癌性(はつがんせい)をもつとされ、日本では劇物に指定。炭水化物アミノ酸を多く含む食品を高温調理すると生成することが知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アクリルアミド

有機化合物の一種。食品中では炭水化物を多く含む野菜や穀類などを揚げる、焼く、あぶるなどして120度以上の高温で加熱すると特定のアミノ酸と糖が化学反応を起こして生成される。加工食品に含まれるほか、条件がそろえば家庭での調理でもできる。

(2016-03-04 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アクリルアミド【acrylamide】

硫酸を触媒とするアクリルニトリルの水和で得られる無色の結晶。化学式 CH2=CHCONH2 重合体を接着剤や塗料などに用いる。高濃度に暴露した場合、神経障害をきたすなどの毒性を有する。 〔2002 年、油で揚げるなどの高温加熱によって食品内のアスパラギン酸がアクリルアミドとなることが発表された〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

アクリルアミド

イモのような炭水化物を多く含む上に、糖類・アミノ酸を豊富に含む食材を高温で調理すると発生する化学物質。日本では劇物に指定されている。同物質については2002年以降、海外で動物実験の結果から発がん性が指摘されている。14年10月、スウェーデン食品安全委員会化学物質・汚染物質専門調査会は加熱時に生じるアクリルアミドについて、正式に遺伝毒性を有する発がん物質であると判断している。内閣府食品安全委員会の作業部会は日本人の食生活での同物質のリスクを5年にわたり検討し、「できるだけ摂取量を減らす必要がある」とする報告書案を16年2月にまとめた。食品安全委員会によると、日本人は油で揚げたジャガイモや炒めたもやしなど野菜からの摂取が多く、長時間、高温で揚げるなどをしないこと、野菜を調理前に水にさらすなどすることなどで、アクリルアミドの摂取量を減らすことができるとしている。

(2016-2-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクリルアミドの関連キーワードアクリル酸アクリロニトリル加水分解ポリアクリロニトリルマンデル酸アクリルゴムオーロンアルカリ加水分解けん(鹸)化酸加水分解

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクリルアミドの関連情報