コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスクレピアデス アスクレピアデス Asklēpiadēs

2件 の用語解説(アスクレピアデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスクレピアデス
アスクレピアデス
Asklēpiadēs

前 270年頃在世のギリシアの詩人。ヘレニズム時代の代表的エピグラム詩人の一人。学殖と繊細な感受性を特色とする。『ギリシア詞華集』に約 40編の詩が収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アスクレピアデス
アスクレピアデス
Asklēpiadēs; Asclepiades of Bithynia

[生]前124
[没]?
ギリシアの医者。アレクサンドリアに開業したが,のちにギリシア医学をローマに移した (前 91) 。その医学はガレノスの時代までローマで盛んに行われた。ヒポクラテスの体液病理説に反対で,投薬を好まず,マッサージ,水浴療法を重視した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアスクレピアデスの言及

【体質】より

…前5世紀半ばに生まれたヒッポクラテスや2世紀のガレノスは,体質を構成する因子は体液であると考え,体液の混和の乱れが病気の原因とする液体病理学説を唱えていた。それに対してアスクレピアデスAsklēpiadēs(前124‐前60)らは,人体はアトムからなり,アトムの異常によって発病するという固体病理学説を唱えていた。いずれも,臓器,組織,細胞という知識がなく,個人の特徴を全体的に分類しようとしていた。…

※「アスクレピアデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アスクレピアデスの関連キーワードアテネ階乗ギリシア悲劇ギリシア文学ギリシャ文字NティモンN末端残基ストルマ[川]Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone