アスクレピアデス(英語表記)Asklēpiadēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスクレピアデス
Asklēpiadēs

前 270年頃在世のギリシア詩人。ヘレニズム時代の代表的エピグラム詩人の一人。学殖と繊細な感受性特色とする。『ギリシア詞華集』に約 40編のが収められている。

アスクレピアデス
Asklēpiadēs; Asclepiades of Bithynia

[生]前124
[没]?
ギリシアの医者。アレクサンドリアに開業したが,のちにギリシア医学をローマに移した (前 91) 。その医学はガレノスの時代までローマで盛んに行われた。ヒポクラテスの体液病理説に反対で,投薬を好まず,マッサージ,水浴療法を重視した。病気を急性慢性とに区別し,緊張とけいれんを分け,気管切開の創始者といわれる。また,精神障害者に対する人道的取扱いの先駆者ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアスクレピアデスの言及

【体質】より

…前5世紀半ばに生まれたヒッポクラテスや2世紀のガレノスは,体質を構成する因子は体液であると考え,体液の混和の乱れが病気の原因とする液体病理学説を唱えていた。それに対してアスクレピアデスAsklēpiadēs(前124‐前60)らは,人体はアトムからなり,アトムの異常によって発病するという固体病理学説を唱えていた。いずれも,臓器,組織,細胞という知識がなく,個人の特徴を全体的に分類しようとしていた。…

※「アスクレピアデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報