コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスパラギン酸 アスパラギンさん aspartic acid

翻訳|aspartic acid

9件 の用語解説(アスパラギン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスパラギン酸
アスパラギンさん
aspartic acid

酸性アミノ酸の一種。化学式 HOOCCH2CH(NH2)COOH ,略号は Asp 。蛋白質中にL 体として存在し,動植物中に見出される。L-アスパラギン加水分解,またはグルテン,血液フィブリンなどを酵素パンクレアチンで加水分解して得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アスパラギン‐さん【アスパラギン酸】

aspartic acidアミノ酸の一。多くのたんぱく質に含まれ、生体内代謝に重要な役割を果たす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アスパラギン酸【アスパラギンさん】

アミノ酸の一種。無色の斜方板状晶,水に難溶。L-アスパラギン酸は遊離状態およびタンパク質の構成成分として生物界に広く存在する。クエン酸回路尿素回路,また核酸塩基(プリンピリミジン)の生合成に関係し代謝上重要な役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アスパラギン酸

 C4H7NO4 (mw133.10).

 可欠アミノ酸の一つ.酸性アミノ酸

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

あすぱらぎんさん【アスパラギン酸】

アミノ酸の一種で、野菜のアスパラガスから発見されたことから、この名前がつきました。
 スタミナドリンクの有効成分として用いられていることからもわかるとおり、その働きのなかでもいちばん注目されるのが、体のスタミナをつけ、疲労に対する抵抗力を高める作用。スポーツ選手がアスパラギン酸を摂取すると、スタミナが増すことがわかっています。
 アスパラギン酸には、エネルギーや窒素(ちっそ)の代謝(たいしゃ)を高める、マグネシウムカリウムカルシウムなどのミネラルスムーズに全身へ運ぶといった作用があります。
 この作用によって、素早い疲労回復をうながし、体の活力を増す効果を発揮するのです。
 また、尿の合成促進もアスパラギン酸のもつ、重要な働きの1つにあげられます。
 通常、たんぱく質に含まれる窒素から生成されるアンモニアは、体の中で循環器系に入ると中枢神経悪影響をおよぼします。
 アスパラギン酸は尿の合成を促進することで、体外へのアンモニアの排出をうながし、中枢神経をまもるのに役立つのです。
 アスパラギン酸を含む食品は、アスパラガスばかりではありません。豆類、とくにモヤシのように発芽しはじめたものをはじめとして、ナッツ類やモモ、ナシなどの果実類、牛肉、豚肉、鶏肉などにも多く含まれています。
 肉とアスパラガス、もしくはモヤシの炒(いた)めものなどは、アスパラギン酸の摂取にもってこいの料理といえるでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

デジタル大辞泉プラスの解説

アスパラギン酸

アミノ酸。アンモニアを体外に排出させる効果があり薬剤では栄養剤などに含有。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

アスパラギンさん【アスパラギン酸】

アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸。エネルギー生産の場であるTCA回路を活性化するアミノ酸。アスパラガスを始め、豆類、さとうきび、種実類、牛肉などの食材に多く含まれるが、熱に弱いため調理の際は加熱しすぎないよう注意が必要。疲労回復やスタミナ増進などの生体内代謝に重要な役割を果たすほか、アンモニアなどの有害物質を体外に排泄し神経を守る作用、肝機能の促進などの作用がある。◇アスパラガスからはじめて単離されたことによる命名。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アスパラギンさん【アスパラギン酸】

タンパク質を構成する酸性アミノ酸の一。アスパラギンの加水分解物から単離された。生体内で核酸の構成要素であるプリン,ピリミジン塩基の生合成の材料として重要。アミノコハク酸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスパラギン酸
あすぱらぎんさん
aspartic acid

α(アルファ)-アミノ酸の一つ。略号はAspまたはD。遊離の状態では普通L-アスパラギン酸として、動物にも植物にも存在するが、とくにサトウキビの若いものとサトウダイコンの糖蜜(とうみつ)に多い。L-アスパラギン酸はタンパク質の構成成分としても存在する。D-アスパラギン酸はポリペプチド系の抗生物質バシトラシンの構成成分として含まれている。アスパラギンの加水分解によって得られる。人間にとっては非必須(ひひっす)アミノ酸である。生体内ではTCA回路とオルニチン回路の両方に連結する代謝上重要なアミノ酸である。すなわちTCA回路には、アミノ基転移反応によってオキサロ酢酸、あるいは脱アミノ反応によってフマル酸を生じてつながる。とくにオキサロ酢酸とアスパラギン酸のアミノ基転移反応による相互転換は、多くの細胞中で重要な代謝経路を占めている。オルニチン回路ではアルギニン生成に関与している。また核酸の構成成分であるプリン、ピリミジンの前駆体となる。そのほか補酵素Aの前駆体となり、アラニンの生合成や、さらに微生物においてリジン、スレオニン(トレオニン)、メチオニンなどのアミノ酸の生合成にもあずかっている。分子量133.10。無色斜方板状晶。分解点271℃。水に比較的溶けにくく、アルコールには溶けず、酸、アルカリには溶ける。[降旗千恵]
『三浦謹一郎編『プロテインエンジニアリング』(1990・東京化学同人) ▽森正敬著『生体の窒素の旅』(1991・共立出版) ▽マックス・ペルツ著、林利彦・今村保忠訳『生命の第二の秘密――タンパク質の協同現象とアロステリック制御の分子機構』(1991・マグロウヒル出版) ▽Fred Brouns著、樋口満監訳『スポーツ栄養の科学的基礎』(1997・杏林書院) ▽近藤和雄・渡邉早苗著『専門医がやさしく教える注目の栄養素――健康づくりに欠かせない40の栄養成分と症状別摂取法』(1998・PHP研究所) ▽松尾収二監修、前川芳明編『臨床検査ディクショナリー』(1998・メディカ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスパラギン酸の関連キーワードアスパラギンアスパラガスグリーングリーンアスパラガスホワイトアスパラガス新発田市産アスパラガスミニアスパラガスアミノ酸デカルボキシラーゼ酸性アミノ酸中性アミノ酸尿遊離アミノ酸

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスパラギン酸の関連情報