コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズキ(小豆) アズキPhaseolus angularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アズキ(小豆)
アズキ
Phaseolus angularis

マメ科インゲン属の栽培植物。中国大陸と日本の原産とされる。栽培の歴史はきわめて古い。一年草で高さ 40~60cmとなり,3小葉から成る複葉を互生する。花は淡黄色の蝶形花で,花後に長さ5~10cmの細長い円筒形の莢をつける。中に楕円形で光沢のある紅紫色の種子 (いわゆる小豆) が数個ある。栽培品種が非常に多く,種子の形,大きさ,色などもさまざまである。別属のササゲ Vigna sinensisとともに菓子用,特にあん用に需要が多い。おもな品種として大納言,白小豆などがある。また,昔から食物を赤く染めるのに用いられ,小正月や大師講の小豆粥,祝日や神祭りの小豆飯などのように吉事に食される。また野辺送りなど凶事から帰ったあと食される場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アズキ(小豆)【アズキ】

中国原産の一年生マメ科作物。高さ30〜60cm。葉は3小葉からなり,夏に黄色の蝶(ちょう)形花をつける。さやは細長い円筒形,長さ10cm内外,黄〜褐色を帯び,中に3〜10個の赤褐色の種子をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アズキ【アズキ(小豆) a(d)zuki bean】

日本で農耕文化が始まったころからの作物の一つ(イラスト)。米といっしょに炊いて慶弔時に欠かせない赤飯とし,また,あんの原料とするなど,日本人の生活に深く溶け込んでいる。世界中で日本人にだけとくに好まれる豆として特異な存在である。 マメ科の一年草で,中国南部(四川雲南)が原産地ではないかと考えられている。中国では2000年も前から栽培され,日本には古い時代に中国から伝わった。草丈は30~70cm,葉は3枚の小葉からなる複葉で,長い柄がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアズキ(小豆)の言及

【商品取引所】より


[機能]
 商品取引所は商品市場のなかで最も高度に組織化され,取引の中心を標準品先物取引に置く市場である。先物取引とは,売買を約束した時点で商品を用意していなくとも,いついつまでに受渡しするという条件で売買できる取引である。標準品先物取引とは,ある銘柄を標準品と決め,その標準品を基準にして一定の価格差で受渡しできる銘柄を選んでおいて行う先物取引をいう。 先物取引では,その商品の総代金の1割程度の証拠金を担保として納めれば,商品をもっていなくとも売ることができ,また商品を引き取る考えがなくとも買うことができる。…

【赤飯】より

…もち米にアズキやササゲを加えてつくる強飯(こわめし)の一種で,一般に〈おこわ〉ともいう。鎌倉末期の成立とされる《厨事類記(ちゆうじるいき)》によると,宮中では3月3日,5月5日,9月9日の節供の御膳に赤御飯,赤飯を進めるのが恒例になっていた。…

【豆】より

…(3)温帯系の豆類 温帯系の豆類にも重要なものがある。地中海域原産の二年生作物であるエンドウソラマメは,どちらも冬作作物であるし,東アジア原産のダイズアズキは夏作作物として栽培される。栽培の歴史の古いエンドウは種子を食用とする以外に,キヌサヤ系の野菜利用品種群が分化している。…

※「アズキ(小豆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android