コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトリ アトリFringilla montifringilla; brambling

3件 の用語解説(アトリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトリ
Fringilla montifringilla; brambling

スズメ目アトリ科。全長 14~16cm。夏羽(→羽衣)の雄は頭部から背が黒く,背の羽毛の縁が茶色。胸,肩は赤褐色で背に向かってとがる黒い筋模様が入る。腹部は白い。風切羽は黒いが,各羽毛の先端側が黄褐色から白で縁どられ縞模様をつくっている。冬羽の雄は雌に似て,夏羽に比べて黄褐色みが強く,はるかに地味である。ヨーロッパ北部からシベリア東部,カムチャツカ半島にかけて繁殖する。スカンジナビア半島西部,南部では留鳥だが,ほかの繁殖地の鳥は越冬のためヨーロッパ南部,北アフリカから中東を経てインド北部,ロシア南東部から東アジアフィリピン北部に渡る。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,山地や平地の疎林や低木林,農耕地などに生息する。冬季はおもに種子食だが,漿果(→液果)も食べ,繁殖期には昆虫類が主食になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アトリ

アトリ科の鳥。黄褐色,黒,白の3色斑をもち,翼長9cm。ユーラシア大陸の北部で繁殖し,冬はその南部に渡る。日本には冬鳥として全国に渡来し,山麓の林に群生。著しい大群をなすことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトリ
あとり / 花鶏・臘子鳥

広義には鳥綱スズメ目アトリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。同科Fringillidaeに属する鳥は約120種あり、太い円錐(えんすい)形の嘴(くちばし)をもち、おもに草木の種子を食べるものがほとんどであるが、イスカのように特殊な形の嘴で、もっぱら針葉樹の実を食べる種もある。大きさは、スズメよりやや小さいものから、全長約23センチメートルのイカルぐらいまで多様である。羽色は、雌雄の色が違うものが多い。北アメリカとユーラシアにおもに分布する。オーストラリア大陸には自然分布していなかったが、現在ではゴシキヒワなど3種が移入されて野生化している。繁殖期にはつがいで生活するが、ほかの季節には同種だけの群れをつくることが多い。
 種としてのアトリFringilla montifringillaは、西はスカンジナビアから東はカムチャツカまで、ユーラシアの亜寒帯の森林地帯で夏に繁殖し、冬はヨーロッパから日本まで温帯の森林、畑などに群れで渡ってくる。群れは非常に大きくなることがあり、ピレネー山脈の麓(ふもと)には100万羽を超すアトリが集まるねぐらがある。また日本でも数万羽からなる群れが珍しくなく、『日本書紀』巻29にも、681年(天武9)11月、天を隠して飛んだ大群の記述がある。日本に渡ってくるものはシベリアで繁殖する。針葉樹の枝に巣をかけ、5~7個の卵を産む。冬はおもに脂肪種子を食べるが、夏はおもに昆虫など動物質のものをとる。全長約16センチメートル。雌雄の色は違っていて、雄は頭と背が青色光沢のある黒、胸と肩はオレンジ色、腰と腹は白く、翼と尾は黒い。雌は頭と背が黒い斑(はん)のある褐色である。ただし雄の頭と背の羽にはオレンジ色の縁があり、日本に渡来直後の雄は雌に似た色をしているが、この羽縁はしだいに擦り切れて、美しい青黒色が現れる。日本ではかつて狩猟鳥に指定されていて、毎冬100万羽前後もかすみ網猟によって捕獲され、食用にされていたが、1947年(昭和22)かすみ網猟が法律で禁止されると同時に、ツグミなどとともに狩猟鳥から除かれた。ヨーロッパには同属のズアオアトリF. coelebsが繁殖分布し、林や公園の木に巣をかけ、人々に親しまれている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アトリの関連キーワード生痕化石イイズナオイカワキョウジョシギコウライウグイススイジガイ水上スキーダチョウ茶筅髪ノグチゲラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アトリの関連情報