コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション アブレーション ablation

翻訳|ablation

2件 の用語解説(アブレーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブレーション
アブレーション
ablation

宇宙船が大気圏に突入する際に発する高熱から,内部の人命や装置を守るために用いられる方法の一つ。大気圏に飛込んでくる隕石は,大気との摩擦で高温になり,外側が溶けるが,一部は燃え残って地上に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

アブレーション

主に熔融や蒸発を含む作用で氷が消耗すること.大部分は氷河の表面(super glacial)からであるが,氷河中(englacial)あるいは氷河下(subglacial)の場合もある[Agassiz : 1847, Charlesworth : 1957].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブレーションの関連キーワード削剥作用消耗品消耗症低温蒸発再熔融作用熔融変成作用雲母化作用シンテクシス熔解移動蒸発作用

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブレーションの関連情報