コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプト式鉄道 アプトシキテツドウ

デジタル大辞泉の解説

アプトしき‐てつどう〔‐テツダウ〕【アプト式鉄道】

アプト式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アプト式鉄道【アプトしきてつどう】

線路の中央に2〜3条の歯軌条(ラックレール)を,歯の位置をずらせて並列配置し,動力車の歯輪とかみ合わせる方式。急勾配(こうばい)の線区に使用される歯車式鉄道の代表的なものスイスで発明された。
→関連項目電気機関車登山鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アプトしきてつどう【アプト式鉄道 Abt‐system railway】

スイスのアプトRoman Abt(1850‐1933)の発明した歯車式鉄道。急こう配の登山鉄道などに利用される。帯鋼板にのこぎり状の歯を刻んだもの2~3枚を,歯の位置が交互にずれるように組み合わせて左右のレールの中央に敷設し,これと車両下部の歯車をかみ合わせて駆動力を得るものである。ふつうの鉄道(粘着式)では滑ってしまうような急こう配でも登降が可能で,最急こう配が250‰のものもある。日本では信越本線横川~軽井沢間約8km(最急こう配67‰)で1893‐1963年まで用いられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アプトしきてつどう【アプト式鉄道】

スイス人アプト(R. Abt1850~1933)が考案した急坂用の歯車式鉄道。機関車に歯車を取り付け、これと軌道に設置した滑り止めの歯とをかみ合わせるようにしたもの。日本では、かつて信越本線の碓氷峠(横川・軽井沢間)で使用された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アプト式鉄道
あぷとしきてつどう
Abt-system railway

スイス人アプトRoman Abt(1850―1933)の発明による、登山鉄道として使用される歯形(はがた)軌条(ラックレール)式鉄道の一種。日本では1893年(明治26)信越本線の横川―軽井沢間11.2キロメートル、最急勾配(こうばい)66.7‰(水平距離1000メートルに対し高さ66.7メートルの勾配)に敷設された。ここでは当初、蒸気機関車であったが、1912年(明治45)電化により電気機関車に変更された。さらに1963年(昭和38)には粘着運転(レールと車輪の摩擦で推進する運転)のできる電気機関車が開発され、歯形軌条は廃止された。その後、長らくとだえたが、1990年(平成2)になり、大井川鉄道井川線のアプトいちしろ―長島ダム間で、アプト式による運行が開始された。これは、ダム建設の影響で一部区間の線路が付け替えられ、90‰(水平距離1000メートルに対し高さ90メートルの勾配)の急勾配区間ができたためである。[松澤正二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアプト式鉄道の言及

【登山鉄道】より

…傾斜の大きい線路条件下で車両を運転する鉄道のことで,広義には平野や盆地を隔てる山地をこえるもの,山頂をめざすゆきどまり型のものの双方を含むが,一般には観光客輸送手段としての後者をさす。幹線鉄道の急勾配線では長大トンネルを併用して高度上昇を抑える場合が多く,アルプスごえのサン・ゴタール(ザンクト・ゴットハルト,サン・ゴタールド)線やシンプロン線がその典型である。日本では上越新幹線や上越線での清水トンネルが著名である。…

※「アプト式鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アプト式鉄道の関連情報