アモイ(厦門)(読み)アモイ

百科事典マイペディアの解説

アモイ(厦門)【アモイ】

中国,福建省南東部の港湾都市。英語ではAmoy。1933年に市制。もとは島であったが,1956年海上堤防の完成で陸地と一体化した。別名を嘉禾嶼,鷺嶼という。明朝以来,海辺防備の要所で,清朝初期には鄭成功がここを拠点とした。付近の鼓浪嶼(コロンス)には,もと諸外国の共同租界が設けられていた。厦門港は島の南西部にある商業港,漁港で,1842年南京条約により開港。華商の東南アジア方面への送出港としても有名。1980年経済特区に指定され,その範囲は当初は湖里地域の2.5km2にすぎなかったが,その後市全体に拡大された。1987年に台湾との交流が自由化され,台湾からの投資が急増した。1994年の工業生産総額241億元のうち7割近くは外資企業によるもの。鷹厦(ようか)鉄路により江西省の鷹潭に通じる。191万人(2014)。
→関連項目三都澳中華人民共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android