コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラバル Arrabal, Fernando

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラバル
Arrabal, Fernando

[生]1932.8.11. スペインモロッコ,メリリャ
フランスの劇作家。3歳のときスペイン内乱が始り,父は逮捕されて死刑の宣告を受け,のち行方不明。この頃に受けたショックが後年の劇作に大きな影を落している。マドリードで法律を学んだあと,1954年に渡仏。 59年に第1作『戦場のピクニック』 Piquenique en campagneが出版され,翌年初演。数年のうちに欧米諸国における前衛演劇の旗手となった。アラバルの作風は,後年自身で「パニック劇」と呼んだように,純真な幼児の魂をもつ人間を取囲む残酷と倒錯に満ちた不条理の世界を,ユーモアとサディズム,夢想を織り交ぜて描くところに特色がある。代表作は『建築家とアッシリアの皇帝』 (1967) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラバル【Fernando Arrabal】

1932‐
フランス語で書くスペインの劇作家。モロッコのスペイン領メリリャの生れ。スペイン内戦時共和主義者の父が,カトリック信者の母によりフランコ政権に密告されて行方不明となる悲劇的体験をもち,不条理の悪夢を根底にした独自の世界を描く。1958年,短い戯曲集《戦場のピクニック》《ファンドとリス》などを刊行するが,上演は10年後を待たなければならなかった。65年以後は,アルトージュネの影響の下に〈パニック演劇〉を創立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アラバル【Fernando Arrabal】

1932~ ) スペインのフランス語劇作家。「パニック演劇」を提唱し「迷路」「建築家とアッシリアの皇帝」「戴冠式」など不条理かつグロテスクな舞台を創作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアラバルの言及

【前衛劇】より

…このような道化的嘲弄の世界は,初期のA.アダモフ作品や,J.ジュネの世界にも共通するものである。 60年代に入ると,前衛劇の第一線は交代し,フランスにおいては,F.ビエドゥー,R.デュビヤール,A.ガッティ,R.ワインガルテン,F.アラバルなどが輩出する。とくにスペイン領アフリカ生れのアラバルは,スペイン内戦の個人的体験と,カトリックの典礼のもつ神秘性を混交させた独自の世界を開拓し,J.ラベリ,V.ガルシア,J.サバリなど〈ネオ・バロック〉を名のる演出家たちの活動によって独自の地位を占めた。…

【フランス演劇】より

…しかし70年代からは〈キャフェ・テアートル(カフェ・テアトル)〉がそれにとってかわり,運動的様相は失われる。なお外国人演劇人との出会いとしては,60年代にF.アラバル作品の演出によりデビューする南米出身のトリオ,J.ラベリ(《建築家とアッシリア皇帝》),J.サバリ(《迷路》。のちには〈グラン・マジック・サーカス〉を組織),V.ガルシア(《自動車の墓場》。…

※「アラバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラバルの関連キーワードヌーボー・テアトルアンチ・テアトルアッシリアガルシア前衛演劇ラベリ建築家サバリタンゴ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラバルの関連情報