コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ民族主義 アラブみんぞくしゅぎ

2件 の用語解説(アラブ民族主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アラブ民族主義【アラブみんぞくしゅぎ】

アラブの民族的自覚を背景として,国家の枠を超えてアラブの一体性を実現しようとする運動。特に1948年のイスラエル建国に危機を感じて活発化し,同年の第1次中東戦争の敗北によりナーセル主義,バース主義(バース党)の運動を生んだ。
→関連項目アラブ連合共和国イスラム復興運動ウンマエジプトベイルート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アラブみんぞくしゅぎ【アラブ民族主義】

アラブの一体性の自覚としてのアラブ民族意識に基づいてアラブの統一を求める思想,運動。一般に,アラブであること(ウルーバ)の中で,アラブの連帯性を支える最も重要な基盤は,アラビア語とその文化伝統であるとされることが多い。その意味で,アラブはカウムqawm(民族,国民)であるとされ,その政治的統合が待望されることになる。アラブ民族主義は,まず19世紀半ば,東方問題を批判し克服する思想的立場として形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラブ民族主義の関連キーワードアラブ人アラブ連盟民族意識アラブアングロアラブ汎アラブ主義アラブレーベウエアラブルバアス党

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラブ民族主義の関連情報