コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクイン Alcuin

百科事典マイペディアの解説

アルクイン

カール大帝の宮廷に仕えた神学者,著述家。イングランドのノーサンブリア七王国)生れでヨークに学ぶ。782年フランク王国の宮廷にはいり,古典学芸とキリスト教の融合による学制改革を行い,宮廷アカデミーに多くの学者や芸術家を集めカロリング・ルネサンスへの道を開いた。
→関連項目アインハルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルクイン【Alcuin】

730ころ‐804
カール大帝の宮廷に仕えた神学者,著述家。別名フラックス・アルビヌスFlaccus Albinus。ノーサンブリアの生れで,ヨークに学び,修道士となる。782年以後カール大帝の宮廷に入り,事実上その指導者となった。彼の活動は主としてその書簡類からうかがわれるが,大別して3方面にわたる。第1は宮廷とトゥールにおける学校の創設で,7自由科をその教育の基礎におき,カロリング・ルネサンスへの道を開いた。第2は教義上の問題であり,キリスト養子説や〈フィリオクエFilioque問題〉に関して彼は適切な解決を見いだしたが,画像崇敬については,東方教会寄りの態度を示したといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルクイン【Alcuin】

735頃~804) イギリスの神学者。カール大帝に招かれ、ギリシャ・ローマの古典学を伝え、キリスト教との調和をはかり、フランクの文芸復興に貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルクイン
あるくいん
Alcuin
(735ころ―804)

ヨーロッパ中世初期の人文学者。イギリスのヨーク出身。ラテン名はアルクイヌスFlaccus Albinus Alcuinus。781年カール大帝に招かれて大陸に渡り、宮廷学校や文庫の経営にあたり、フランク王国の教育・宗教行政の整備に尽力した。当時イギリスの僧院に保存されていた古典文化の遺産を大陸に伝え、もって古典文化、宗教、政治の緊密かつ緊張ある結合を特色とするヨーロッパ中世文化の基磯を定めるのに貢献した。著作は、文法、修辞学、弁証法、幾何学、算術、天文学、音楽など古代学芸における自由七科の手引書をはじめ、『魂の本質について』の哲学的著作、三位(さんみ)一体についての神学的著作など多岐にわたり、いずれも平明で高い学問的水準を示している。数多い書簡も当時の歴史的状況を知る資料として貴重である。[坂口ふみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルクインの言及

【カロリング朝美術】より

…こうして,カロリング朝の芸術は大帝やその側近,貴族たちの宮廷や大修道院を中心に栄えた。大帝は学問の振興のためにアルクイン,テオドゥルフThéodulf(750ころ‐821)ら多くの学識者をヨーロッパ各地からアーヘンに招いた。彼らの中にはビザンティン帝国で起こったイコノクラスム(聖像破壊運動)に反対の論陣を張る者があり,大帝は有名な〈カールの書〉を発して聖像表現を認めた。…

【カロリング・ルネサンス】より

… カールの治世当初の荒廃した知的環境のもとでは,ラテン的・キリスト教的な古典復興の仕事は,かろうじて古典を保存できた修道院出身の学識ある聖職者の手にゆだねられた。宮廷の周辺には,アインハルトのようなフランク人もいたが,イングランドのアルクイン,イタリアのペトルスPetrus,スペインのテオドゥルフThéodulf(750ころ‐821)のように,外国から招かれた学者が多く,この運動の全西欧的な性格を示している。アイルランドの修道院が正しいラテン語の教育に貢献したこと,〈カロリング朝の小字体〉が16世紀以来活字体ローマ字にモデルをあたえたことも特筆されよう。…

【キリスト教文学】より

…まず7世紀にイギリスでは,《教会史》ほか多くの著作をもつベーダと,シャーボーンの司教でギリシア語とラテン語をよくし,長詩《聖処女賛頌》などを書いたアルドヘルムが相対して出た。後者の高弟がカール大帝の文教政策に参じたアルクインである。この時代にイギリスは,古代英語で宗教詩を制作した2人の詩人,キャドモンCaedmon(7世紀末)とキネウルフ(8世紀末)をもったことも注目に値する。…

【中世科学】より

…これらの内容は,まだそれほど水準の高いものではないが,中世前期において西欧知識人の基本的な科学的教養を培ったものとして重要である。8世紀にはカール大帝の下にイギリスからアルクインがよばれ,カロリング・ルネサンスが興るが,ここにもたらされたものはイングランドに地中海経由で一足さきに受け入れられていた科学知識を発展させたベーダらの天文学や自然学であった。またエリウゲナは独自な自然論を展開し,その宇宙論はT.ブラーエの天文体系に近づいたともいわれている。…

【図書館】より

…このような修道院文化は,大陸から離れたイングランドやスコットランドでも営まれた。 800年に即位したカール大帝は,ヨーク出身の神学者アルクインを招き,トゥールの町に学校と写字施設を設け,写本のコピーをとらせた。いわゆるカロリング・ルネサンスはここに開花する。…

【ラテン文学】より

…聖堂と修道院に学校が創設され,古典の教養の深い聖職者が各地から集められて,古典文化復興の気運が高まった。アルクイン,テオドゥルフTheodulf,ラバヌス・マウルスなどがこの時期に活躍している。10世紀のオットー帝国もイタリア文化を尊重してラテン語を公用語にしたが,12世紀から13世紀にかけて再びルネサンス運動が起こって,ボローニャ,パリ,オックスフォードなど各地に相ついで大学が創設され,アベラール,トマス・アクイナス,R.ベーコンなどの大学者が登場した。…

※「アルクイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルクインの関連キーワードカロリング朝ルネサンスカロリングルネサンスフランクフルト会議ヨーク(イギリス)ラバヌス・マウルスカール(大帝)カール[大帝]イギリス哲学カロリング朝アルドヘルムアルクィンイギリス史文芸復興

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android