コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベニス アルベニスAlbéniz, Isaac (Manuel Francisco)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベニス
Albéniz, Isaac (Manuel Francisco)

[生]1860.5.29. カタルニャ,カンプロドン
[没]1909.5.18. ピレネー,カンボ
スペインのピアニスト,作曲家。幼少から非凡な楽才を示し,4歳で公開のピアノ演奏を行い,7歳でマドリード音楽院に学ぶ。 1874年ライプチヒ音楽院でヤダスゾーン,C.ライネッケに師事。さらにブリュッセル音楽院を卒業,78年ブダペストで念願のリストに師事。その後 A.ルビンシテインと欧米を演奏旅行し,国際的に名声を博す。きわめて多作な作曲家で,特にピアノ作品では,スペインの国民音楽の指導者とされる F.ペドレルの影響を受けて,故国の民族音楽の形式と精神を基礎としたすぐれた曲を残している。ピアノ曲『スペインの歌』『イベリア』ほか多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルベニス(Isaac Manuel Francisco Albéniz)

[1860~1909]スペインの作曲家・ピアニスト。19世紀から興ったスペイン音楽民族主義運動の代表者。ピアノ組曲「イベリア」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルベニス

スペインの作曲家,ピアノ奏者。カタルーニャ地方のカンプロドンに生まれ,幼時からピアノに並外れた才能を発揮,9歳でマドリード音楽院に入学した。12歳で単身南アメリカに渡り,南北アメリカヨーロッパを楽旅。
→関連項目印象主義ホタラローチャ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

アルベニス

イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。1860年5月29日、スペイン北東部カタルーニャ地方に生まれる。1868年~1871年にマド ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルベニス【Isaac Manuel Francisco Albéniz】

1860‐1909
スペインの作曲家,ピアニスト。民族主義楽派の確立者として重んじられる。カタルニャ地方のカンプロドンに税官吏の子として生まれ,早くからピアノ演奏に才能を現した。4歳のときバルセロナで公開演奏を行い,9歳でマドリード王立音楽院に入ったが,生来のいたずら好きと冒険心のため幾度も寮から脱走し,スペイン各地でリサイタルを開いた。12歳のとき単身南アメリカにわたる。1876年ライプチヒ,77‐80年ブリュッセルの音楽院で学び,85年からマドリードに住み,ピアノ演奏のかたわら本格的な作曲活動に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルベニス【Isaac Albéniz】

1860~1909) スペインの作曲家・ピアノ奏者。スペイン国民楽派を代表する存在。組曲「イベリア」「スペイン」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルベニス
あるべにす
Isaac (Manuel Francisco) Albeniz
(1860―1909)

スペインの作曲家、ピアノ奏者。カタルーニャ地方に生まれる。4歳でデビューしたといわれるほどの神童で、6歳のときにパリでマルモンテルに師事、8歳から演奏旅行を始めた。しかし冒険を好み、12歳のときには1人で中南米に密航するなど放浪の一生を送ったためか腎臓(じんぞう)病に苦しめられ、スペイン国境に近いフランスのピレネー地方で49歳の生涯を終えた。彼の演奏技巧の完成には1880年のリストとの出会いによるところが大きいが、もう一つの転機はその3年後、バルセロナに居を構えたときに訪れる。演奏よりも作曲活動を優先させ、故国の音楽を素材とした作品を書き始めたのである。1893年、ロンドンからパリへ活躍の舞台を移し、ダンディ、デュカスらと交際、ドビュッシーやラベルなどのフランス近代音楽に強い影響を与えた。彼の本領はサルスエラ(スペインの歌劇)や歌曲よりもピアノ曲にあり、代表作に『スペイン組曲』(1886)、『旅の思い出』(1887)、『イベリア組曲』全4巻(1906~1908)がある。とくに『イベリア』は高度な演奏技巧、ギターやカスタネットの模倣など大胆な効果を駆使した傑作で、F・アルボースの管弦楽編曲でも有名。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルベニスの関連キーワード万延第二帝政ラトビア北京条約マイブリッジゲインズケスレルスペリードロッパーズバクストン

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルベニスの関連情報