コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレウト[列島] アレウト

2件 の用語解説(アレウト[列島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アレウト[列島]【アレウト】

アラスカとカムチャツカ半島の間約2726kmにある弧状列島アリューシャンAleutianとも。環太平洋造山・火山・地震帯の一部で,太平洋ベーリング海を分け,ウナラスカ,アッツ島などのほか,1971年史上最大の地下核実験が行われたアムチトカ島がある。
→関連項目ウナラスカ[島]キスカ[島]コマンドル[諸島]大黒屋光太夫島弧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレウト[列島]【Aleut Islands】

アメリカ合衆国アラスカ州南西部の列島。アリューシャン列島とも呼ばれるアラスカ半島先端からベーリング海と太平洋との境界を構成しながら,約2000kmにわたって弧状に延びる。東からフォックスフォー・マウンテンズ,アンドレアノフ,ラット,ニア諸島の順に並ぶ。火山性の島々が大部分で活火山もあり,樹木はなく,強風,濃霧に見舞われる。1741年にロシア人によって発見されキャサリン列島と呼ばれたが,1867年のアラスカ購入に伴いアメリカ合衆国領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アレウト[列島]の関連キーワードピュロスシャープールレオナルド・ディカプリオChromecast秋山郷カザフスタン被爆者の証言ビデオ収録北但(ほくたん)大震災カーンプル青島

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone