アンコールワット(英語表記)Angkor Wat

翻訳|Angkor Wat

デジタル大辞泉の解説

アンコール‐ワット(Angkor Wat)

《「寺院町」の意》カンボジア北部、アンコールにある石造寺院遺跡。12世紀初め、クメール王朝スールヤバルマン2世の治下に建立。南北1300メートル、東西1500メートルの環濠(かんごう)に囲まれ、三重の回廊の中心に祠堂が建つ。ヒンズー教の神々やマハーバーラタラーマーヤナなどの古代インドの叙事詩を描いた精緻な浮き彫りが残っている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

アンコールワット

アンコール・ワットはクメール王国における宗教施設の集大成といえる大寺院。12世紀前半にスールヤヴァルマン2世により創建されたヒンズー教寺院で、ヒンズー教三大神の中のヴィシュヌ神に捧げられました。アンコール・ワットとは「大きな寺」という意味で、環濠を含む大きさは東西約 1,500m、南北約 1,300mもあります。三重の回廊の上に5つの祠堂が建てられており、神々が住むといわれるインド神話の霊峰メール山をイメージして造られたといわれています。シェム・リアップ市の中心部から約6?の所にあります。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

大辞林 第三版の解説

アンコールワット【Angkor Vat】

〔都の寺の意〕
アンコールトムの南にある石造寺院遺跡。一二世紀前半スールヤバルマン二世によりヒンズー寺院として建造。一四世紀頃から仏教寺院となる。建築・浮き彫りはクメール美術を代表する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アンコール‐ワット

(Angkor Wat 「寺院町」の意) カンボジア北部にある石造寺院遺跡。アンコール王朝の最盛期一二世紀前半の建立。戦国時代から江戸初期の日本では祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)と同一視した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンコールワットの関連情報