コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンドラ美術 アーンドラびじゅつ

2件 の用語解説(アーンドラ美術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アーンドラ美術【アーンドラびじゅつ】

2―3世紀南インドのアーンドラ地方の美術。アマラーバティー,ナーガールジュナコンダを代表とする浮彫美術に異彩を放った。欄楯(らんじゅん)や石板の浮彫は仏伝図が主体で,豊富な装飾意匠が施されている。
→関連項目サータバーハナ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アーンドラびじゅつ【アーンドラ美術】

サータバーハナ朝(アーンドラ族)が関与した美術を指すこともあるが,一般的には南インド東海岸クリシュナ,ゴーダーバリー両川の下流域のアーンドラĀndhra地方(現在のアーンドラ・プラデーシュ州の一部)の美術の総称として用いられている。この地方の造形活動は1世紀ごろ始まったと考えるのが有力で,北西デカンを支配していたサータバーハナ朝がこの地方に進出する2世紀前期から急速に仏教美術が興隆した。その遺跡としては,アマラーバティーを筆頭に,ジャッガヤペータJaggayyapeta,ゴーリ,バッティプロール,ガンタシャーラなどが知られ,いずれもクリシュナー川に沿って点在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーンドラ美術の関連キーワードオーバーハンドドライブサーブ乍ら族アーンドラ王朝アーンドランオーバーハンドパスバードランドの夜レバーハンドルオーバーハンドサービスサイドハンドサービス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone