コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンドラ美術 アーンドラびじゅつ

2件 の用語解説(アーンドラ美術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アーンドラ美術【アーンドラびじゅつ】

2―3世紀南インドのアーンドラ地方の美術。アマラーバティー,ナーガールジュナコンダを代表とする浮彫美術に異彩を放った。欄楯(らんじゅん)や石板の浮彫は仏伝図が主体で,豊富な装飾意匠が施されている。
→関連項目サータバーハナ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アーンドラびじゅつ【アーンドラ美術】

サータバーハナ朝(アーンドラ族)が関与した美術を指すこともあるが,一般的には南インド東海岸クリシュナ,ゴーダーバリー両川の下流域のアーンドラĀndhra地方(現在のアーンドラ・プラデーシュ州の一部)の美術の総称として用いられている。この地方の造形活動は1世紀ごろ始まったと考えるのが有力で,北西デカンを支配していたサータバーハナ朝がこの地方に進出する2世紀前期から急速に仏教美術が興隆した。その遺跡としては,アマラーバティーを筆頭に,ジャッガヤペータJaggayyapeta,ゴーリ,バッティプロール,ガンタシャーラなどが知られ,いずれもクリシュナー川に沿って点在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone