コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリムシ(錨虫) イカリムシLernaea cyprinacea

世界大百科事典 第2版の解説

イカリムシ【イカリムシ(錨虫) Lernaea cyprinacea】

淡水魚類の外部寄生虫の1種(イラスト)。橈脚(じようきやく)亜綱ウオジラミ目イカリムシ科の小型甲殻類。雌の成体は体長4~12mmくらい。体は棒状で,体の前部をウナギ,フナ,キンギョ,メダカなどの皮膚や口腔の粘膜に深く食いこませ,体前部にある錨状の固着器で宿主の体の組織内に固定する。胴部は宿主の体表に出ている。春から秋にかけての繁殖時期には,体の後部に1対の細長い卵囊が現れ,この中の卵からノープリウス幼生がかえり,メタノープリウス,コペポジット期を経て成体となるが,雄は自由生活幼生期の最後の幼生期であるコペポジットで交尾し,その後で死ぬ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android