コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカル イカル Eophona personata; Japanese grosbeak

3件 の用語解説(イカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカル
イカル
Eophona personata; Japanese grosbeak

スズメ目アトリ科。全長 23cm。頭,翼,尾,上尾筒は光沢のある濃紺色で,他の部分は灰色。黄色いがっちりした円錐形の嘴をもち,頭部も体のわりに大きい。冬季は群れをなして生活し,木の実木の葉つぼみなどを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イカル

三光鳥とも。アトリ科の鳥。翼長11cmで日本のアトリ科中最大。極東の固有種で,日本では九州以北の山地の林で繁殖。冬は温暖な地方に移動する。樹枝上に椀(わん)形の巣を造り,木の実,穀類などを太いくちばしで割って食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカル
いかる / 桑
Japanese grosbeak
[学]Eophona personata

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。イカルガ、マメマワシ(豆回し)の名もある。アジア東部に分布し、ロシア連邦アムール地方東部およびウスリー地方、中国東北部、日本では九州から北海道まで繁殖分布し、北の地方のものは、冬は南下して越冬する。全長約23センチメートル。ずんぐりした体つきをしており、嘴(くちばし)は黄色で太く大きい。体の大部分は灰色で、頭上、嘴の周囲、翼、尾は黒くて青色光沢がある。初列風切(かざきり)には白い斑紋(はんもん)がある。よく成長した落葉広葉樹林や針広混交林に好んですむ。おもに樹上で、秋と冬にはスギ、マツなど植物質のものを食べ、夏には昆虫もとる。高木の樹枝上に巣をかけ、5~7月に3、4個の卵を産む。口笛のような音質のキーコキーというさえずりが、「お菊二十四」「蓑笠(みのかさ)着い」などと聞き習わされ、親しまれている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカルの関連キーワードファクトリーチームファクトリーブランドマザーファクトリーORP TOKYOサッポロファクトリーカード《セゾン》マックス ファクターリノブラーノルーンファクトリー3ルーンファクトリー4トレジャー・ファクトリー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イカルの関連情報