イソプロピルアルコール(英語表記)isopropyl alcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学式 (CH3)2CHOHイソプロパノール2-プロパノールともいう。プロピレン硫酸から合成するほか,糖蜜の発酵によっても生成する。工業的には石油分解ガスから分離したプロピレンを原料として生産される。引火性のある無色揮発性液体で,沸点 82℃。水に溶け,また水と共沸混合物をつくる。多くの有機溶媒に溶ける。酸化によって容易にアセトンに変るので,アセトンの合成原料として用いられる。イソプロピル化剤,凍結防止剤や溶剤などにも多く使われるほか,分析用の弱い還元剤,非水溶媒滴定の溶剤などにも使われる。医薬品として薬局方に収載される。蛋白質,リポイドの変性を起す作用によって殺菌効果を示し消毒薬としてエタノールの2倍の効力をもつ。作用非選択性のため内用には用いられず,皮膚,手術器具の消毒や化粧品の溶剤に利用される。消毒薬としては,破傷風菌炭疽菌のような芽胞産生菌には無効といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正しくは2-プロパノールという。脂肪族飽和アルコール類の一つ。無色の特有なにおいをもち、水よりやや粘性のある揮発性の液体。石油の分解で得られるプロピレンを濃硫酸に吸収させ、これに水を作用させて製造する。水にもアルコール類にも炭化水素にもよく溶け、また引火性がある。イソプロピルアルコールの蒸気を、加熱した酸化銅あるいは酸化亜鉛触媒上を通すと脱水素されてアセトンを生ずる。またイソプロピルアルコールの蒸気は、銀触媒上で酸素により部分的に酸化されてアセトンとなる。イソプロピルアルコールはアセトンの合成原料としてまた溶剤として利用される。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

C3H8O(60.10).CH3CH(OH)CH3.2-プロパノール(2-propanol)ともいう.イソプロパノールは誤称である.脂肪族飽和アルコール類の一つ.第二級アルコールとしてもっとも簡単なもの.プロペンの水和により合成できるが,工業的にはプロペンを硫酸に吸収し,加水分解する方法と,固体酸触媒による気相および気泡混相接触水和法,さらにヘテロポリ酸触媒を用いる液相水和法とがある.揮発性,引火性の無色の液体.融点-88.5 ℃,沸点88.23 ℃.0.78084.1.37527.爆発範囲2.0~12.0体積%.水,炭化水素油,含酸素有機溶媒に易溶.水と共沸混合物をつくる.溶剤,医薬用,凍結防止剤などに使われる.[CAS 67-63-0]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイソプロピルアルコールの言及

【プロピルアルコール】より

…メチルアルコール製造の副生物として得られる。
[イソプロピルアルコールisopropyl alcohol]
 IUPAC名は2‐プロパノール。化学式(CH3)2CHOH。…

※「イソプロピルアルコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソプロピルアルコールの関連情報