イタヤガイ(板屋貝)(読み)イタヤガイ(英語表記)scallop

翻訳|scallop

世界大百科事典 第2版の解説

イタヤガイ【イタヤガイ(板屋貝) scallop】

殻の表面が開いた扇状をなすイタヤガイ科の食用二枚貝(イラスト)。俗にホタテガイというが,本当のホタテガイは東北地方や北海道に分布する別種。殻の長さ12cm,高さ10.5cm,膨らみ3.5cmで,左殻は平らで褐色,右殻はよく膨らみ白色の個体が多い。幅広で低い放射肋が8~12本ある。両殻のかみ合せはまっすぐで長い。幼貝は成長すると地物に足糸で付着せず自由生活をし,両殻を激しく開閉して跳ねるように泳ぐ。閉殻筋(貝柱)は体のほぼ中央に一つあって白くて大きく,食用にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイタヤガイ(板屋貝)の言及

【貝柱】より

…二枚貝の殻を開閉する筋肉。たんに〈柱〉ともいい,タイラギ(タイラガイ),ホタテガイ,イタヤガイ,バカガイなどのものが美味である。タイラギのそれは最も大型で関東以南の市場で柱といえば,おおむねこれを指す。…

※「イタヤガイ(板屋貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android