コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア・トルコ戦争 イタリアトルコせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

イタリアトルコせんそう【イタリア・トルコ戦争】

1911‐12年にイタリアがオスマン・トルコ領リビア(トリポリタニアキレナイカ)の領有を図って起こした戦争。リビア戦争ともいう。イタリアはかねてよりリビア植民地化の機会をうかがい,外交的にも協商国との間でイギリスにはエジプト,フランスにはモロッコにおける権益を保障する代りに,自国のリビア領有についても了解を取りつけていた。1911年7月第2次モロッコ事件の勃発にともない,列強の目がそれに集中している最中,ナショナリストカトリック,ローマ銀行等の金融界や製鉄業界などによるイタリア国内での戦争推進キャンペーンを背景として,9月28日ジョリッティ政府は,24時間の回答期限つきの最後通達をトルコに送り,翌日宣戦布告した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イタリア・トルコ戦争の関連キーワード三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリア)ビットリオ・エマヌエレ(3世)ドデカネス[諸島]エンベル・パシャ青年チュニジア党ドデカネス諸島G. ボルピバルカン戦争カリムノス島トリポリ戦争ムッソリーニ伊土戦争イノニュカソス島ボルピネンニ