イヌタデ(犬蓼)(読み)イヌタデ(英語表記)Persicaria longiseta(Polygonum longisetum)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌタデ(犬蓼)
イヌタデ
Persicaria longiseta(Polygonum longisetum)

タデ科の一年草で,俗にアカノマンマと呼ばれる。日本各地のやや湿った路傍や田のあぜなどにごく普通に生じる。根もとから多くの茎を伸ばし,タデ科の特徴として葉のつけ根に膜質鞘状のオクレア (葉靴) をもつが,この鞘の上部に長さ 1cmほどの長い毛が多数並ぶ点がこの種類の特徴である。秋に,長い穂を出して紅紫色の小花を密生する。近似の種類が多く,林下の陰地などに生じるハナタデ P. yokusaianaなどがある。 (→タデ〈蓼〉 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android