コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンルシュド イブンルシュドIbn Rushd

2件 の用語解説(イブンルシュドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イブン‐ルシュド(Ibn Rushd)

[1126~1198]スペインイスラム哲学者・医学者。コルドバの生まれ。アリストテレス哲学の注釈を通じてイスラム教の信仰とギリシャ哲学との調和をはかったが、後年異端視された。ラテン語名、アベロエス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イブンルシュド【Ibn Rushd】

1126~1198) イスラムの神学者・思想家・医者。スペイン生まれ。法律・天文学・数学の面でも活躍。アリストテレス哲学の注釈は、多方面の業績のうちでも特に重要。ラテン名、アベロエス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

イブンルシュドの関連キーワード後鳥羽天皇土御門天皇土御門天皇熊野懐紙イブンルシュド上西門院大治金(中国の王朝)興禅護国論水戸城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone