コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンルシュド Ibn Rushd

大辞林 第三版の解説

イブンルシュド【Ibn Rushd】

1126~1198) イスラムの神学者・思想家・医者。スペイン生まれ。法律・天文学・数学の面でも活躍。アリストテレス哲学の注釈は、多方面の業績のうちでも特に重要。ラテン名、アベロエス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イブンルシュドの関連キーワードアリストテレス哲学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android