イブ(読み)いぶ(英語表記)Eve

翻訳|Eve

デジタル大辞泉 「イブ」の意味・読み・例文・類語

イブ(Eve)

旧約聖書で、人類の始祖アダムの妻。蛇にそそのかされ、神の教えに背いて夫とともに禁断の木の実を食べ、エデンの園から追放された。エバ英語名。

イブ(eve)

祝祭日前夜。特にクリスマスの前夜。前夜祭
[類語]前夜祭宵祭り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「イブ」の意味・読み・例文・類語

イブ

  1. ( [英語] Eve 元来ヘブライ語で「女」の意 )[ 異表記 ] イヴ 「旧約聖書‐創世記」に見えるヘブライ神話における人類最初の女性。アダムの妻。蛇にそそのかされ、夫とともに禁断の実を食べエデンの園から追放された。エバ。
    1. [初出の実例]「かれ等はアダムとイブのやうにして子を育てなければならなかった」(出典:妻(1908‐09)〈田山花袋〉一六)

イブ

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] eve ) 祭事、催しなどの前夜。特に、キリスト降誕祭の前夜。クリスマスイブ
    1. [初出の実例]「イーヴの夜のミサのため」(出典:ジュルダン病院(1956)〈遠藤周作〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「イブ」の意味・わかりやすい解説

イブ
いぶ
Eve

『旧約聖書』の「創世記」に出てくる人類最初の女性の名(エバEvaともいい、ヘブライ語ではawwāh)。彼女ヘビに欺かれ、神に禁じられた「善悪を知る樹」の実を食べ、夫アダムに与えたので、2人は神によってエデンの園を追放された。この罪のために女性は夫に仕え、産みの苦しみを受けるのだという。

[月本昭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「イブ」の意味・わかりやすい解説

イブ
Eve

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「イブ」の解説

イブ〔オートバイ〕

ホンダ本田技研工業)が1983年から製造・販売したスクータータイプのオートバイ。総排気量49cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。

イブ〔薬剤〕

エスエス製薬が販売する薬剤名のブランド。イブプロフェンを主成分とした鎮痛・解熱剤。「イブA錠」「イブクイック頭痛薬」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア 「イブ」の意味・わかりやすい解説

イブ

アダム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「イブ」の意味・わかりやすい解説

イブ

アダムとイブ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のイブの言及

【アダム】より

…《創世記》1章の祭司資料では,神が〈自分のかたちに似せて〉男と女を創造し,被造世界の統治を委ねた。2~3章のヤハウェ資料では,神はまずアダムを土(アダーマー)から造り,エデンの園に置いてその耕作者とし,獣に命名させてから,彼を熟睡させて,その肋骨からイブEve(エバ)を造り,彼の妻とした。3章の堕罪物語では死をもって神が禁じた知恵の木の実を蛇のそそのかしによって最初に食べたのはイブであり,彼女のすすめでアダムも食べた。…

【イチジク(無花果)】より

…雌雄同株のアコウでは,果囊の内部には雄花のほかに,長花柱,短花柱の2種類の雌花があり,コバチが受粉・産卵することにより,長花柱花では種子が,短花柱花では虫こぶができ,種子と虫こぶがほぼ同数となる。【上条 一昭】【岡本 素治】
[象徴]
 地上の楽園(エデン)において,アダムとイブは知恵の木の実を食したために,裸であることに気づいて恥じ,イチジクの葉で腰を隠した(《創世記》3:7)。それゆえ,知恵の木は初期キリスト教時代から,しばしばイチジクの木によって表現された(のちにしだいにリンゴの木が多く用いられるようになる)。…

【エデン】より

…人類最初の夫婦アダムとイブ(エバ)の居住場所。旧約聖書《創世記》2~3章の創造物語では〈エデンの園〉と記されている。…

【原罪】より

…キリスト教神学の用語。旧約聖書《創世記》3章には,まずイブが蛇にそそのかされ,次にアダムがイブにそそのかされて禁じられた木の実を食べ,その結果神に罰せられて,あらゆる生の苦しみをもつに至ったと記されている。またこれによって,神の造った世界の中に罪と死とのろいが入り込んだとされる。…

※「イブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android