イミダゾール(英語表記)imidazole

世界大百科事典 第2版の解説

イミダゾール【imidazole】

5員環複素環式化合物で,1,3‐ジアゾール,グリオキサリンともいう。1858年にグリオキサールとアンモニアとの反応によって得られた。誘導体は1799年にすでに見いだされていた。結晶性のよい固体で,融点91℃,沸点257℃。塩基性で,塩基解離指数pKb=7.05(25℃)で,異性体ピラゾールより強く,酸と結晶性の塩をつくる。水,アルコール,エーテル,クロロホルムによく溶けるが,ベンゼン,石油エーテルに溶けにくい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イミダゾール
いみだぞーる
imidazole

環内に窒素原子二つを含む複素環式化合物の一つ。1,3-ジアゾールの別名をもつ。グリオキサールホルムアルデヒドとアンモニアを反応させると生成する。
 無色の結晶で強い塩基性を示す。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶けるほか、酸に溶けて塩を生成する。コバルト()イオンと反応して青紫色の沈殿を生ずるので、コバルトの検出試薬となる。混酸(硝酸と硫酸の混合物)によりニトロ化すると4-ニトロイミダゾールを生成する。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android