コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イミダゾール imidazole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イミダゾール
imidazole

1, 3-ジアゾールともいう。化学式 C3H4N2 。柱状晶,融点 90~91℃。イミダゾールの誘導体にはヒスチジンヒスタミンなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イミダゾール【imidazole】

5員環複素環式化合物で,1,3‐ジアゾール,グリオキサリンともいう。1858年にグリオキサールとアンモニアとの反応によって得られた。誘導体は1799年にすでに見いだされていた。結晶性のよい固体で,融点91℃,沸点257℃。塩基性で,塩基解離指数pKb=7.05(25℃)で,異性体ピラゾールより強く,酸と結晶性の塩をつくる。水,アルコール,エーテル,クロロホルムによく溶けるが,ベンゼン,石油エーテルに溶けにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イミダゾール
いみだぞーる
imidazole

環内に窒素原子二つを含む複素環式化合物の一つ。1,3-ジアゾールの別名をもつ。グリオキサールホルムアルデヒドとアンモニアを反応させると生成する。
 無色の結晶で強い塩基性を示す。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルによく溶けるほか、酸に溶けて塩を生成する。コバルト()イオンと反応して青紫色の沈殿を生ずるので、コバルトの検出試薬となる。混酸(硝酸と硫酸の混合物)によりニトロ化すると4-ニトロイミダゾールを生成する。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イミダゾールの関連キーワードイミダゾール(データノート)エルゴステロール生合成阻害剤ジエチルピロカーボネートプリン(複素環式化合物)メチルヒスチジン電子伝達系阻害剤シアノコバラミンフォトクロミズム細胞分裂阻害剤グリオキサリンプリン(化学)エポキシ樹脂抗甲状腺物質生体アミンコバラミン耐熱性繊維プリン塩基抗甲状腺薬ケイ光染料赤堀四郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android