コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターコンチネンタル取引所 インターコンチネンタルトリヒキジョ

2件 の用語解説(インターコンチネンタル取引所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インターコンチネンタル‐とりひきじょ【インターコンチネンタル取引所】

原油・石油精製品などのエネルギー関連商品や二酸化炭素排出権農産物株価指数外国為替などの現物やデリバティブを扱う電子取引所、およびその運営会社。2000年にエネルギー関連デリバティブ店頭取引市場として設立。ロンドン国際石油取引所IPE)、ニューヨーク商品取引所NYBOT)、シカゴ気候取引所CCX)などを買収し傘下に収めている。本社は米国ジョージア州アトランタ。ICE(IntercontinentalExchange)。→ICE先物取引所

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インターコンチネンタル取引所
いんたーこんちねんたるとりひきじょ
Intercontinental Exchange, Inc.

原油や穀物の先物やオプションなどデリバティブ(金融派生商品)取引を主力とする電子(オンライン)取引所、およびその運営会社。略称ICE。2000年にエネルギー関連デリバティブの店頭市場として発足。デリバティブの売買高は2013年時点で28億単位と、シカゴ・マーカンタイル取引所(CMEグループに次いで世界第2位である。本部をアメリカのジョージア州アトランタに置き、ニューヨーク証券取引所に上場している。ニューヨーク、シカゴ、ヒューストンカルガリーロンドンアムステルダムシンガポールなどに拠点をもち、原油、軽油、天然ガス、石炭、電力、二酸化炭素排出権などのエネルギー関連商品のほか、砂糖、コーヒーココア、綿花、菜種油、オレンジジュースなどの農産物、株価指数外国為替、金利などの金融商品の現物や先物、オプションなどのデリバティブ取引を行う。
 最新鋭の高速売買システムの提供と、顧客需要に適したデリバティブの開発能力には定評があり、ロンドン国際石油取引所(IPE)、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)、シカゴ気候取引所(CCX)、ヨーロッパ気候取引所(ECX)、シンガポール・マーカンタイル取引所(SMX)などを買収によって次々と傘下に収めた。2013年には世界最大の株式取引所であるニューヨーク証券取引所の親会社NYSEユーロネクストを買収して話題をよんだ。
 国際金融界を揺るがしたLIBOR(ライボー)不正操作問題では、LIBORの算出主体をイギリス金融界からNYSEユーロネクストへ切り替えることが内定していたが、インターコンチネンタル取引所がNYSEユーロネクストを買収したため、2014年2月からは、LIBORの算出・運営も請け負っている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インターコンチネンタル取引所の関連キーワードエネルギー産業エネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー一次エネルギーバイオマスエネルギー維持のエネルギーエネルギー学吸収エネルギー丸紅エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インターコンチネンタル取引所の関連情報