コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド独立運動 インドどくりつうんどう

1件 の用語解説(インド独立運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド独立運動
インドどくりつうんどう

1947年のインド独立までの一連の運動。 1857~59年のインド大反乱以降,ヨーロッパ式の自由思想の感化を受けたインド人知識階級を中心に民族的自覚が芽生えてきたことがきっかけ。 1885年にはボンベイインド国民会議派が創設され,以来毎年会場を変えて党大会を開き,国民の政治意識の高揚を促した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のインド独立運動の言及

【インド】より

…西はトバカカール山脈,北はカラコルム,ヒマラヤ両山脈,東はアラカン山脈によって画され,南はインド洋に大きく逆三角形状に突出する一大半島部は,アジア大陸の一部ではあるが,亜大陸とよぶにふさわしい規模と相対的独立性とをもち,インド亜大陸とよばれる。そこは南アジアともよばれ,インド(バーラト),パキスタン・イスラム共和国,バングラデシュ人民共和国,ネパール王国,ブータンスリランカ民主社会主義共和国およびインド洋上のモルジブ共和国の7ヵ国からなる(現代の各国についてはそれぞれの項を参照)。…

※「インド独立運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

インド独立運動の関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インド独立運動の関連情報