ウィンザー家(読み)ウィンザーけ(英語表記)house of Windsor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンザー家
ウィンザーけ
house of Windsor

イギリスの王家。旧称サックス=コーバーグ=ゴーサ家(1901~17)。ハノーバー家の最後の君主となったビクトリア女王(在位 1837~1901)の死去に伴い王家を継いだエドワード7世(在位 1901~10)がサックス=コーバーグ=ゴーサ家に改称した。歴代君主はエドワード7世,ジョージ5世(在位 1910~36),エドワード8世(在位 1936。→ウィンザー公),ジョージ6世(在位 1936~52),エリザベス2世(在位 1952~ )。王位継承者はウェールズ大公チャールズ。その長男のケンブリッジ公ウィリアムが王位継承順第2位。サックス=コーバーグ=ゴーサの王朝名は,ビクトリア女王の夫でドイツ生まれのアルバートの家名。エドワード7世はその長男。第1次世界大戦による反ドイツ感情の高まりをうけて,ジョージ5世が 1917年7月17日付勅令により,ビクトリア女王の男系子孫で,かつイギリス国民である者は全員,以後ウィンザー姓を名のると宣言した。エリザベス2世の子の姓は,通常であれば父親であるエディンバラ公の姓マウントバッテン Mountbatten(ドイツ名バッテンベルク Battenbergの英語表記)になるが,エリザベス2世は 1952年の即位後まもなく,自身の子および子孫をウィンザー姓とする旨を枢密院において宣言した。この決定は 1960年2月8日に改められ,王子・王女の身分および殿下の敬称をもたない子孫の姓はマウントバッテン=ウィンザーとすることになった。(→イギリス史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンザーけ【ウィンザー家】

現イギリス王室の名称で,1917年以来用いられるようになった。ハノーファーHannover家の直系。1714年アン女王の死去に伴い,王位継承法(1701)に基づき新教徒であったドイツのハノーファー選帝侯が,ジョージ1世としてイギリス王位に迎えられ,スチュアート朝に替わってハノーバー朝が始まる。しかし1837年ビクトリア女王が即位すると,女子相続を認めないドイツのハノーファー家との同君統治の関係は消滅し,女王の死後の1901年,エドワード7世は,父アルバートの出身によりサックス・コーバーグ・ゴータSaxe‐Coburg‐Gotha家と改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウィンザー家の言及

【ハノーバー朝】より

…この王朝は,その後名称を変えながら現在まで継続している。すなわち,1901年,ビクトリア女王が没し,エドワード7世が即位するに際して,父(アルバート公)の家名であるサックス・コーバーグ・ゴータSaxe‐Coburg‐Gotha家と改称,さらに,17年にはドイツ系の名前を嫌って,ウィンザー家と再改名し,現在に至っている。 ジョージ1世時代(1714‐27)の1715年には,スコットランドにジャコバイト(ジェームズ2世の子孫を戴く)の乱が発生したが,鎮圧された。…

※「ウィンザー家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィンザー家の関連情報