コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンド・ケーブ国立公園 うぃんどけーぶこくりつこうえんWind Cave National Park

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンド・ケーブ国立公園
うぃんどけーぶこくりつこうえん
Wind Cave National Park

アメリカ合衆国、サウス・ダコタ州南西部の国立公園。面積114平方キロメートル。1903年制定。ブラック・ヒルズ山地南東斜面の石灰岩層にある洞窟(どうくつ)が公園の中心である。洞内外の気圧の差異により流出入する強風が音をたてる現象から、この名称がついた。洞内の気温は一定で8℃を保つ。通常の鍾乳洞(しょうにゅうどう)に特徴的な石筍(せきじゅん)や鍾乳石はみられず、蜂(はち)の巣状に細分化した洞穴の美しい文様と洞壁の色彩が、訪れる者の目を見張らせる。緑の多い地表は野生動物の宝庫としても知られ、シカ、バッファローなどが群れをなして草原を走る勇姿が美しい。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィンド・ケーブ国立公園の関連キーワード洞内

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android