コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルタ語 ウイルタご

4件 の用語解説(ウイルタ語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウイルタ語【ウイルタご】

ウイルタ族の言語で,ツングース諸語南方派に属する。以前はオロッコ語と呼ばれた。主としてサハリン(樺太)北部で話されている。固有の文字はないが,口承文芸がある。話し手の数は,約200人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウイルタご【ウイルタ語 Uilta】

サハリン(樺太)のポロナイスク(敷香(しくか))付近から北部に居住する少数民族ウイルタ族の固有の言語。従来オロッコOrokkoとよばれたが,ウイルタはこの民族の自称である。ツングース諸語の一つである。他のツングース語のうち,アムール川下流のオルチャ語に親縁関係が最も近い。ツングース諸語の共通性として,音韻には母音調和という同一単語内に共存できる母音の種類についての制限があり,文法的には膠着語的構造をもち,語順は主語・目的語・動詞の順をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイルタ語
ウイルタご

オロッコ語」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウイルタ語
ういるたご
Uilta

サハリンの中・北部に住む少数民族ウイルタの固有の言語。ウイルタは、かつてオロッコとよばれていたこともあり、ウイルタ語もまたオロッコ語とよばれていた。しかし、オロッコは蔑称(べっしょう)であるため、現在は用いられない。ウイルタの人口は約350(1995)。広義のツングース語の一方言で、ツングース語のなかではとくにオルチャ方言やナーナイ方言に似ており、これらにいちばん近い関係にある。音韻には母音調和とよばれる制限があって、一つの単語のなかに共存できない母音がある。単語は語幹だけからなるか、あるいはこれに接尾辞や語尾が連結して、いわゆる膠着(こうちゃく)的構造をなすが、またこの連結が融合して一つになっていることもある。文のなかの単語の配列は日本語に似ており、基本的には主語や目的語は動詞の前に、修飾語は修飾される語の前にくる。単語には、ツングース語固有とみられる単語のほか、中国語、満州語から黒竜江下流の言語を通して入った単語があり、ロシア語からの借用語も多く、また日本語、アイヌ語から入った単語もある。
 ウイルタ語は口で話されるだけで、固有の文字はないが、口頭の言語による語り物(エベンキ方言を混ぜる)、昔話(伝説)、架空の物語、童話、なぞなぞ、即興的な歌謡の類がある。ウイルタと日本人との接触は江戸時代以来であり、南樺太がかつて日本領であり、また戦後には少数のウイルタが北海道に移住したこともあり、日本との関係は深い。ウイルタ語の古い記録としては、江戸末期の日本人が仮名で記したものなどがある。[池上二良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウイルタ語の関連キーワード樺太敷香ポロナイスクウイルタ族Южно-СахалинскОха樺太神社跡ДолинскПоронайскユジノ・サハリンスク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone