ウイルタ語(読み)ウイルタご

世界大百科事典 第2版の解説

ウイルタご【ウイルタ語 Uilta】

サハリン(樺太)のポロナイスク(敷香(しくか))付近から北部に居住する少数民族ウイルタ族の固有の言語。従来オロッコ語Orokkoとよばれたが,ウイルタはこの民族の自称である。ツングース諸語の一つである。他のツングース語のうち,アムール川下流のオルチャ語に親縁関係が最も近い。ツングース諸語の共通性として,音韻には母音調和という同一単語内に共存できる母音の種類についての制限があり,文法的には膠着語的構造をもち,語順は主語・目的語・動詞の順をとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウイルタ語
ういるたご
Uilta

サハリンの中・北部に住む少数民族ウイルタの固有の言語。ウイルタは、かつてオロッコとよばれていたこともあり、ウイルタ語もまたオロッコ語とよばれていた。しかし、オロッコは蔑称(べっしょう)であるため、現在は用いられない。ウイルタの人口は約350(1995)。広義のツングース語の一方言で、ツングース語のなかではとくにオルチャ方言やナーナイ方言に似ており、これらにいちばん近い関係にある。音韻には母音調和とよばれる制限があって、一つの単語のなかに共存できない母音がある。単語は語幹だけからなるか、あるいはこれに接尾辞や語尾が連結して、いわゆる膠着(こうちゃく)的構造をなすが、またこの連結が融合して一つになっていることもある。文のなかの単語の配列は日本語に似ており、基本的には主語や目的語は動詞の前に、修飾語は修飾される語の前にくる。単語には、ツングース語固有とみられる単語のほか、中国語、満州語から黒竜江下流の言語を通して入った単語があり、ロシア語からの借用語も多く、また日本語、アイヌ語から入った単語もある。
 ウイルタ語は口で話されるだけで、固有の文字はないが、口頭の言語による語り物(エベンキ方言を混ぜる)、昔話(伝説)、架空の物語、童話、なぞなぞ、即興的な歌謡の類がある。ウイルタと日本人との接触は江戸時代以来であり、南樺太がかつて日本領であり、また戦後には少数のウイルタが北海道に移住したこともあり、日本との関係は深い。ウイルタ語の古い記録としては、江戸末期の日本人が仮名で記したものなどがある。[池上二良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android