ウェッブ(夫妻)(読み)うぇっぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェッブ(夫妻)
うぇっぶ

夫シドニーSidney Webb(1859―1947)、妻ベアトリスBeatrice Webb(1858―1943) 夫妻ともにイギリスの社会学者、経済学者であり、フェビアン主義の理論的指導者であると同時に、イギリス社会改革史上重要な役割を果たした活動家である。シドニーは1878年官界に入り、高級官吏としての道を進むはずであったが、1891年辞職。コントの思想に動かされつつフェビアン協会に加盟(1885)、漸進的社会主義者としての理論的、実践的作業を開始した。ベアトリスは上流階級の娘としての教育を受けたが、H・スペンサーの思想に共鳴し、慈善活動に身を投ずる一方、労働者調査にもその情熱を注いだ。2人はフェビアン協会で巡り会い、思想的に共鳴しあって1892年に結婚した。以後夫妻の協力による理論的活動は『労働組合運動史』(1894)、『産業民主制論』(1897)、『大英社会主義国の構成』(1920)、『ソビエト・コミュニズム』(1935)などとして結実した。また夫妻の活動は政治面、社会面においても目覚ましく、シドニーは下院議員、労働党閣僚として、ベアトリスは救貧法廃止の運動家として、イギリスの社会改革のために貢献した。コモン・マン(庶民)の自治意欲と行動とを基盤にした新しい制度形成こそ社会変革を可能にする、というのが夫妻の一貫した考えであったが、こうした活動はまさにその考えを現実に移すものであった。[元島邦夫]
『高野岩三郎監訳『産業民主制論』復刻版(1969・法政大学出版局) ▽名古忠行著『ウェッブ夫妻の生涯と思想――イギリス社会民主主義の源流』(2005・法律文化社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android