コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォータールー ウォータールー Waterloo

翻訳|Waterloo

4件 の用語解説(ウォータールーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォータールー
ウォータールー
Waterloo

アメリカ合衆国,アイオワ州北東部の都市。シーダーラピッズ市の北西約 80km,ミシシッピ川の支流シーダー川河畔に位置する。町の起源は 1845年。町は鉄道の分岐点にあり,地域の商業の中心として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォータールー
ウォータールー
Waterloo

カナダ,オンタリオ州南部の都市。 1800年代の初めにペンシルバニアから移住したドイツ系のメノナイトが集落をつくり,15年のワーテルロー (ウォータールー) の戦勝を記念して命名した。キッチナー都市圏の西側にあり,2つの大学のほか,いくつかの保険会社の本社があり,多様な工業も立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウォータールー【Waterloo】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォータールー
うぉーたーるー
Waterloo

アメリカ合衆国、アイオワ州北東部、シーダー川に面する工業都市。人口6万8747(2000)。酪農・牧畜地帯の交易の中心地であり、トラクターなど農業機械・機具、建設機械食肉加工などの工業が盛ん。19世紀中ごろに入植者によって町が建設され、東部からの移住者やドイツ、デンマークイギリス系移民が多く住み着いた。工業化以前には、製材と製粉の町として栄えた。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォータールーの関連キーワードオンタリオガティノートロントナイアガラフォールズリジャイナアッパーカナダビレッジナイアガラオンザレイクオンタリオ州議会議事堂オンタリオ[州]グエルフ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォータールーの関連情報